ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

OS X最新バージョンはネコ科ではなく『OS X マーベリック』 「ネコ科がもうないため次の10年はクマ」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


本日2時から開催されたアップルの発表会。『OS X Mountain Lion』の後継OSに関してはOSの名前から発表された。しかし冒頭で「もうネコ科がないんですね」とコメント。そんなわけで次の10年は「熊」である。そんな最新OSXに名付けられたのが『OS X マーベリック』。

ウィンドウをまとめ、ほかに影響を与えないマルチディスプレイ、更にはCPU負荷を同じ環境で72%まで削減。
空きメモリも従来より少なくなるという正に”至れり尽くせり”なOSと発表された。メモリ管理に関してはソフトウェアにより使われていない部分を、OSが圧縮し削減するのだという。

Safariの変更点としてはスクロールが毎秒60フレームでの滑らかかつ高速なスクロールを実現。Java実行速度も最適化されており、Google ChromeやFirefoxよりも勝っており、スクロールしながらシームレスに読み込むのでページの閲覧も快適なのだという。

そんなアップルの基調講演はまだ続いている。続報が入り次第お届けしたい。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP