ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、LTEにも対応したエントリーモデル「Galaxy Ace 3」を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungは現地時間6月10日、Galaxyスマートフォンの新機種「Galaxy Ace 3」を正式に発表しました。Galaxy Ace 3は、Samsungのエントリー向け”Galaxy Ace”の3代目となる製品で、前作「Galaxy Ace 2」と比較して、画面サイズは3.8インチ→4インチに拡大し、RAM容量が768MB→1GBに増加するなど、仕様は強化されています。また、Galaxy Aceシリーズでは初となるLTE対応モデルもラインアップされています。3G版とLTE版には内部仕様に少し違いがあります。OSはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)で、Samsung TouchWiz UXはGalaxy S 4と同じバージョンを搭載しています。ソフトウェア・機能面では、Googleアプリを搭載するほか、スマートステイ、S翻訳、Sトラベル(トリップアドバイザーのSamsungバージョン)、Sボイス、イージーモード、Samsung Apps、Samsung Hub(Game)、Samsung ChatONに対応しています。ディスプレイは4インチ800×480ピクセルのTFT液晶。プロセッサと内蔵ストレージの容量は、3G版が1GHzデュアルコア・4GB、LTE版が1.2GHzデュアルコア・8GB。Micro SDカード(最大64GB)も利用可能です。カメラは背面に500万画素CMOSと前面に30万画素CMOSを搭載。リアカメラの動画記録サイズは最大720@@30fps。また、「Sound & Shot」「 Best Shot」「Best Photo」などの独自機能にも対応しています。ワイヤレス通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、DLNA、Wi-Fi Directに対応。対応周波数は、3G版がGSM/GPRS/EDGE(850/900/1800/1900MHz)とWCDMA/HSPA 14Mbps/5.7Mbps(900/2100MHz)、LTE版がWCDMA/HSPA+ 42Mbps/5.7Mbps(850/900/2100MHz)とLTE cat 4 150Mbps/50Mbps(800/900/1800/2600MHz)に対応しています。どちらもメインターゲットは欧州市場のようです。3G版にはデュアルSIMモデルもあります。バッテリー容量は、3G版が1,500mAh、LTE版が1,800mAh。本体サイズは、3G版が121.2mmx62.7mmx9.8mm・115g、LTE版が121.2mm×62.7mm×10mm・119.5g。Galaxy Ace 3の発売時期と価格は公表されていませんでした。Source : Samsung



(juggly.cn)記事関連リンク
日本通信、3G/LTE対応のモバイルWi-Fiルーター「b-mobile4G WiFi3」を6月14日に発売
Paranoid Androidの開発チームがマルチタスク機能「Halo」をオープンソース公開、他のROMにも実装可能に
Android版「Firefox 22 Beta」がIntel x86プロセッサを搭載した機種でも利用可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP