ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お肌に優しい石鹸の選び方って?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カリフォルニアのナチュラルボディケアブランド「Soaptopia」が、日本初のオンリーショップをこの春、渋谷にオープン。どんなアイテムを扱っているんでしょうか?

「植物由来のエッセンシャルオイルを使ったハンドメイドソープを販売しています。合成化学成分や石油系オイル、着色料などは使用しておらず、カラフルな色みもすべて植物からの抽出液で染められているんです」(Soaptopia広報担当・当新舞さん)

確かに、見ているだけで楽しくなってしまう石鹸がたくさん! けれど、最近はあまり固形石鹸を使っていないという人も多いのでは? 「液体タイプなどに比べて、一般的に固形石鹸のほうが洗浄力の高い場合が多いため、きちんと汚れを落とせます。短時間で洗い上げるようにすれば、お肌への負担も減らせるんです」と教えてくれたのは、美容・健康ジャーナリストの今野枝履子さん。お肌に優しい石鹸を選ぶコツを聞いてみました。

「とにかく、様々な成分を混ぜていない石鹸を選ぶことが大切。特に、敏感肌の方には、スクラブなどの入っていないよりシンプルなタイプがおす すめです。極端に皮脂やニキ ビが多い場合は、一時的に薬用効果の高い石鹸を使ってもOKですが、皮脂を落としすぎてしまうので、長期の継続利用は避けた方がよいでしょ う。また、ハン ドメイドのハーブ石鹸などで、自分の好きな香りを選ぶとリラックス効果も得られます」(今野さん)

なるほど。シンプルな石鹸を普段使いにして、あとはお肌のコンディションによって使い分けるのがよさそうですね。Soaptopiaでは、しっかり洗い上げたいときはペパーミントやライムなど爽快感のあるタイプ、乾燥気味のときには保湿力の高いジャスミンやバニラといったエッセンシャルオイル配合の石鹸をおすすめしているそう。様々な石鹸からその日のおともをチョイスして、毎日のバスタイムを充実させてみては?

(取材+文:菅原さくら)
(R25編集部)

お肌に優しい石鹸の選び方って?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
ちょこっと日焼け肌をつくる方法
トイレの後の手洗いは本当に必要?
ボディソープ、ハンドソープ… 固形せっけんと何が違う?
夏の汗を解消するスゴいシャワーテク
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP