ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SOIL&“PIMP”SESSIONSと椎名林檎、〈殺し屋〉コラボ作の全容公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


SOIL&“PIMP”SESSIONSと椎名林檎

 

今年で現メンバーが揃って10周年となるSOIL&“PIMP”SESSIONSが、椎名林檎とのコラボ・シングル“殺し屋危機一髪”を6月26日にリリースすることが決定した。


SOIL&“PIMP”SESSIONSと椎名林檎
“殺し屋危機一髪”ジャケット画像

RHYMESTERを迎えたタワーレコード限定シングル“ジャズィ・カンヴァセイション”に続く、アニヴァーサリー・イヤー企画の第二弾に当たる本作は、〈SOIL&“PIMP”SESSIONSと椎名林檎〉というアーティスト名で制作されたもの。表題曲“殺し屋危機一髪”は、椎名が作詞、作曲は椎名とタブゾンビが共作、編曲は斎藤ネコが担当しており、ストリングスやティンパニー、ハープといったこれまでのソイルには無い楽器を導入した、両者の音楽性が交じり合う意欲作となっている。近年親交を深めてきた両者らしい息の合ったコラボと言えそうだ。

さらにPVは映像作家の児玉裕一が監督を務め、豪華客船を舞台とした物語仕立ての作品に。ソイルのメンバーが扮する個性的な6人の殺し屋と、椎名が演じるすべてを操る女の駆け引きがクールに描かれている。こちらはYouTubeGyaO!にて公開中。

シングルには、“ピンプパンサー”“Spy High”というインスト2曲をカップリングで収録。初回生産分はスリーヴケース仕様となり、特典として特製B2サイズのポスターが封入される。確実に入手したい人は早めに予約しておこう!

 

〈SOIL&“PIMP”SESSIONSと椎名林檎 “殺し屋危機一髪”収録曲〉
1. 殺し屋危機一髪  (作詞:椎名林檎/作曲:椎名林檎、タブゾンビ/編曲:斎藤ネコ)
2. ピンプパンサー(instrumental)  (作曲:タブゾンビ/編曲:SOIL&“PIMP”SESSIONS)
3. Spy High (instrumental)  (作曲:社長/編曲:SOIL&“PIMP”SESSIONS)

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP