ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【焼酎リポーツ ぎまちゃんVol.13】「夢鏡(植園酒造)」の巻

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

私 “あらいぎまちゃん” の『ぎまちゃんシリーズ』。今回も、これまで飲んできた数々の「焼酎」について、わりと投げやりな態度で語り尽くします!!

焼酎には「ガツン系」と表現される味わいがあります。まぁ言葉のニュアンス的な物でお分かり頂けると思いますが……、芋なら芋の「臭み」を強調したり、刺激的な味わいにしたりと、とにかく飲んだ瞬間「ガツーン」と来る物、それがガツン系の焼酎であると解釈頂いて構わないと思います。言葉ではなく、実際に体感したいのであれば‥‥今回の「夢鏡」を飲んでみると良いでしょう。

==========================
夢鏡(ゆめかがみ) 5段階評価
定価: 1.8L 2300円前後
オークション相場: 2700 ~ 3000円
入手難度: ★★★ 特約店でしか入手できませんが、入手難という程でも
香り: ★   くっせぇぇぇ(゚Д゚)ぇぇぇぇぇぇーッ!!
旨み: ★★  旨みは有ると思うんですが、わかんないです
キレ: ★   飲みにくい!! 二杯目でギブ
総合評価: 
ホンマにコレ「人気№1」なんですかね!? でも「好きな人は好き」という理屈もわかるのですが

味が似てる銘柄:
伊佐大泉を、かなり臭くした感じ。個性的すぎて、あんまり似た銘柄が無いです。

☆植園酒造の銘柄
「うえぞの」 うえぞのは美味い!! 赤紫の瓶もオシャレ
「竹翁」   最近復活しました。これは飲みたい。
「園の露」  夢鏡に優るとも劣らぬ「くっさい焼酎」
==========================

某雑誌の投票ランキングで「三年連続一位」に輝いた人気酒、「夢鏡(ゆめかがみ)です。プレミアは付いていませんが、特約店限定販売なので、手に入れやすい銘柄でもありません。「鹿児島でも五本指に入ると言われる熟練した名杜氏が北薩の霊峰紫尾山の伏流水によって仕込み、そしてその極上の蒸留部分のみを贅沢に使用したたぐいまれなる逸品」という触れ込みなんですが‥‥。

臭いんですよ!! これが!! なんていうかね、私はコレを飲むまで「芋臭い → 甘みのある香り」だと解釈していますが、この夢鏡は、香りも味も超ドライで‥‥まさに「芋慣れしたヒトのための芋」という感じがしました。といっても、今の私が飲んでもやっぱり「臭い」と感じると思います。

ちなみに芋は「ジョイホワイト」という品種を使用しています。ジョイ系の芋を使用した焼酎って、たしかにちょっと匂いが強い所があります。しかし‥‥この夢鏡ほどクセの強い物は、中々お目にかかれません。というか、本当にコレ‥‥リサーチ対象が一部の層とは言え、人気ナンバー1なんですかね!? 私は二杯目でもう飲めなくて、実家の親父にあげました。

好きな人には申し訳ないですが、評価は★1つです。次回は一風変わった焼酎「牛乳焼酎北海道 五稜郭ラベル」を紹介します。
 

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
あらいぎまちゃんの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。