ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC、「HTC One Developer版」向けに「1.29.1540.16 」ビルドのファクトリーイメージを公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTCが同社の開発者向けサイト「HTCdev」で「HTC One Developer版」向けに「1.29.1540.16 」ビルドのファクトリーイメージを公開しました。ファクトリーイメージを利用することで、HTC One Developer版の中身を工場出荷時の状態に戻すことができます。カスタムROMから標準ROMに戻す操作を手軽に行うことができます。今回の「1.29.1540.16 」は5月下旬より実施中のアップデートを適用した状態のものです。OSバージョンはAndroid 4.1.2(Jelly Bean)となっています。HTCdevでファクトリーイメージはRUU(約984MB)とZIP(約1.03GB)の2種類の形式で配布されています。RUUはWindows用、ZIPはLinux/Mac用といったところです。ファクトリーイメージの適用方法は、HTC One Developer版をFastbootモードで起動した後、PCとUSBで接続。PC上から「fastboot rebootRUU」を実行してRUUモードに切替えます。RUUはWindowsで実行可能な形式となっているので、ダブルクリックでGUIを起動して処理を進めます。ZIP形式の場合は事前に内蔵ストレージ上にコピーし、「fastboot flash zip RUU.zip」を実行して適用します。Source : HTCdev



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S 4をQi準拠のワイヤレス充電に対応させることができるQiアンテナキットを試す
Acer、Android 4.2.2を搭載した21.5型の液晶一体型PC「N3-220」の試作機を展示
Xperiaスマートフォンのスモールアプリ機能に対応した公式ブラウザが利用可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP