ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版「Socialife」アプリにGoogleリーダーのフィードデータのインポート機能が追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xperiaスマートフォン・タブレット向けに提供されているSonyのニュースリーダーアプリ「Socialife」のAndroid版にGoogleリーダーのフィードデータのインポート機能が追加されました。みなさんもご存知の通り、Googleリーダーは2013年7月1日をもってサービス終了を迎えます。SocialifeにGoogleリーダーのアカウントを登録した状態でサービス終了日を過ぎると、Googleリーダーのフィードを閲覧できなくなりますが、今回追加された新機能でGoogleリーダーのフィードデータをSocialifeにインポートすることで、Googleリーダーのサービスが終了した後でもも引き続きフィードを閲覧することができます。フィードデータのインポートはSocialifeの設定メニューの「Googleリーダーインポート」より実施できます。インポート方法は、Googleリーダーのアカウントを追加して同期させる方法と、テイクアウトで取得したバックアップデータから取り込む方法の2通り。前者の場合は、Googleリーダーのサービス終了後は機能しなくなるので、Googleリーダーのサービス終了までに実施しておいた方が良いでしょう。ちなみに、2段階認証を有効にしている場合はSocialifeからGoogleリーダーにログインできないので、2段階認証を一時的に無効にするか、後者の方法(Takeoutノバックアップデータを利用)でインポートしてください。テイクアウトを利用してGoogleリーダーのデータのバックアップを作成するには、GoogleリーダーのWEBサイトにアクセスし、「設定」→「インポート/エクスポート」→「Download your data through Takeout」をクリックします。「Socialife」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC One風の6.3インチスマートフォン「GalaTab 6.3」がComputex Taipei 2013会場で展示
モバイルファクトリー、様々な効果音を着信音や通知音に設定できるAndroidアプリ「スマート効果音」をリリース
Android/iOS版BlackBerry Messengerのリリース日は英T-Mobileのツイートによると6月27日

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP