ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メジャー移籍作を完成させたラッパー、SALUのインタヴュー更新!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

SEEDAやSIMONの楽曲への客演参加で名を上げ、昨年にBACHLOGICの立ち上げたレーベル〈One Year War〉から発表した初ソロ・アルバム『In My Shoes』で一気にその名を広めることとなったラッパー、SALU。以降も“鵠沼フィッシュ”や“I Gotta Go”など、シングルおよび配信で精力的な楽曲リリースを続けてきた彼が、それら既発曲と新録曲をまとめたミニ・アルバム『In My Life』を、メジャー・レーベル移籍第1弾作品として完成させた。

より内面性を強めることで普遍的な魅力を深め、リリカルな言葉とエモーショナルなビートが独特の世界観を描き出している本作について、bounceでは本人へのインタヴューを実施! 彼がラップに託す思いと創作者としての心情にぜひ触れて欲しい。

★インタヴューはこちらから

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP