ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バンドの可能性を広げる意欲作! UNCHAINのインタヴュー更新

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

ブラック・ミュージックの要素を取り込んだグルーヴィーなサウンドで人気を集める4人組ロック・バンドのUNCHAINが、2012年発表の『Eat The Moon』以来約1年ぶり、通算6枚目のオリジナル・アルバム『Orange』を完成させた。前々作の『SUNDOGS』より全編日本語詞のアプローチを取るようになり、今年2月にはJ-Popのヒット・チューンを採り上げたカヴァー・アルバム『Love & Groove Delivery』を発表するなど、結成17年目にして進化を続ける彼らの挑戦心を反映するかのように、今作ではAORやフュージョン、USインディー・ロックといったジャンルのエッセンスも感じさせる、バンドの可能性をより自由に広げた野心作に仕上がっている。

bounceではそんなニュー・アルバムについて、ヴォーカル/ギターの谷川正憲とベースの谷浩彰へのインタヴューを敢行! 制作の経緯や楽曲ごとのエピソード、それらに結びつく音楽やジャンルなど、さまざまな角度からその魅力を語ってもらった。

★インタヴューはこちらから

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP