ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、「AQUOS PHONE SERIE SHL21」と「AQUOS PAD SHT21」のAndroid 4.1アップデートを開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDIは6月5日、シャープ製Androidスマートフォン「AQUOS PHONE SERIE SHL21」とAndroidタブレット「AQUOS PAD SHT21」の2機種に対して、Android 4.1(Jelly Bean)へのアップデートの提供を開始しました。今回は、OSのバージョンアップを含む大規模なアップデートです。両機種に搭載されているOSがAndroid 4.0(ICS)からAndroid 4.1(Jelly Bean)にバージョンアップし、画面の切替わりやスクロール性能、アプリの応答性が向上するほか、通知パネルやナビゲーションボタンの機能性も向上します。また、Googleの検索履歴や位置情報を基におすすめ情報をカード形式で知らせてくれる「Google Now」に対応、Android Beamでは、Bluetooth機能を活用して画像や動画も転送できるようになります。シャープ独自の機能追加については、 (共通)カメラが16倍のデジタルズームに対応 (共通)カメラが「Voice Shot」に対応し、音声でシャッターが切れるほか、HDRモードのON/OFやライトのON/OFFなどの各種オプションの設定も変更できます (共通)カメラファインダー上に音声操作のON/OFF、モバイルライトのON/OFF/AUTO、ジオタグのON/OFF、手ぶれ補正の設定の切り替えボタンが追加 (SHL21)キーボードで手書き入力時に、確定前の文字を文字単位で修正できるようになりました。 (SHL21)QWERTYキーボードで文字入力時に、元に戻す操作が可能 (SHL21)音声操作で電話に応答できる「Hello Answer」に対応 (SHL21)画像付きメールの画像が通知パネル上に直接表示されます (SHL21)エコ技の「なめらか」が「省エネ液晶ドライブ」に変わり、全て画面が制御対象になりました (SHL21)端末を持っている事を感知すると画面を常時点灯する「Bright Keep」機能が追加 (共通)「コンテンツマネージャー」アプリに「画像サイズで絞り込む」オプションが追加 (共通)画面の「ワイヤレス出力」に「画面OFFしない」オプションが追加、有効にするとワイヤレス出力利用中はスリープしなくなります。 (SHL21)「コンディションレコーダー」アプリが追加 (SHT21)「書」ノートアプリの手書き時の軌跡がより自然な感じに変更 (SHT21)「書」ノートアプリの筆箱に「メール」添付ボタンが追加、手書き中は半透明になります (SHT21)「書」ノートアプリで余白の拡大が可能に、ノート区切りをタップすることで拡大できます (SHT21)ノートの「罫線」「日付」の非表示化に対応 (SHT21)Googleカレンダーと連携し、Googleアカウントごとに設定された色に合わせてカレンダーデータを表示できるようになります (SHT21)長タップ操作で「予定」や「手書き」などの移動やリサイズが可能 (SHT21)他のアプリとの「共有」範囲を1日分の「カレンダー」や「ノート区切り」間の「ノート」として指定できるようになりました。 (SHT21)「スマートフォン自動診断」アプリが追加更新ファイルは端末単体でダウンロード可能です。各機種の設定メニューを表示後、「端末情報」→「メジャーアップデート」より手動でアップデートを実施できます。アップデートにかかる時間は7~8分。アップデート後のソフトウェアビルドは、SHL21が「01.01.02」、SHT21が「01.01.00」です。Source : KDDI(SHL21)(SHT21



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、スライドナビゲーションバーと新しい受信トレイに対応したAndroid版「Gmail 4.5」をリリース
NTTドコモ、「ARROWS Tab F-05E」のソフトウェアアップデートを開始、充電時の不具合に対処
「バッテリーSTAMINAモード」が海外版Xperia S/Xperia SL/Xperia ion/Xperia acro Sに移植される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP