ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

児ポル改正案提出で反対意見が噴出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月29日、自民、公明、日本維新の会の3党が、「児童ポルノ禁止法」の改定案を衆議院に提出。しかし、各種団体やネットユーザーからは反発の声が上がっている。

【画像や図表を見る】

今回の改正案は、2011年に自民・公明両党から提出され、衆議院の解散により廃案になったものと大筋において同様の内容のもの。現行法では、児童ポルノを他人に譲渡、販売した場合などに違法となるが、改正案では「単純所持」も処罰の対象となる。

これに対し、一部法律家や政治家、さらに日本雑誌協会、日本書籍出版協会、全国同人誌即売会連絡会などが同日一斉に反対声明を提出している。日本雑誌協会は反対の根拠として、「表現の自由を規制する方向に進んでいる」「『児童ポルノ』の定義が曖昧」と主張し、法律家からも、捜査権の濫用や、それにともなうえん罪の発生などを危惧する意見が登場。

このことを報じた『朝日新聞デジタル』の記事を1万8000人以上がツイートしたほか、2ちゃんねる「ニュース速報+」板の「【政治】児童ポルノ改正案を提出=自民・公明・維新」というスレッドに、1万1000件以上の書き込みが寄せられるなど、ネットユーザーの関心も高くなっている。

2ちゃんねるへの書き込みを見てみると、

「どこまでOKでどこからアウトか明確にしろ」
「通行人の鞄の中の本や漫画を警官がパラパラと確認する職質が横行しそうだな」
「根強い反対意見があるのに
何でまた強引に法案を可決しようとしてるんだろうかね」

といった反対意見のほか、

「ドラえもんの静香ちゃんの入浴シーンは?」
「年齢設定16歳の初音ミクは全て廃棄」
「AKBで未成年が水着で踊ってるPVは当然規制対象ですよね」
「ジャニーズの上半身露出はアウト」
「トトロもアウトになるん?サツキ達の入浴シーンあるけど」
「桃から桃太郎が裸で生まれた瞬間にアウト」

など、具体例をあげ、法律的にセーフかアウトか問う書き込みが数多く登場している。こうした意見が登場するのは、改正案に「みだりに」「性的好奇心を満たす目的で」といった漠然とした文言が含まれていることが大きな理由。ネット上では反対意見が一斉に噴出した同案だが、3党は今国会での成立を目指している。
(R25編集部)

児ポル改正案提出で反対意見が噴出はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
児ポ法改正でドカベンも発禁?
マギカ脚本・虚淵氏 ネットで意見募集
ポテチ、海賊…世界のオモシロ税
数字で読み解く「夜の営み」見聞録
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP