ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

台湾GIGABYTE、デュアルSIM対応のAndroid 4.2スマートフォン「GSmart Simba」、「GSmart Sierra」、第2世代「GSmart Maya M1」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

台湾GIGABYTEが、現在台湾で開催中の「Computex Taipei 2013」において、同社スマートフォンシリーズ”GSmart”の新モデル3製品を発表しました。今回発表されたのは「GSmart Simba」、「GSmart Sierra」、第2世代「GSmart Maya M1」。3機種ともGSmartシリーズの中ではハイエンドに属する製品で、Android 4.2(Jelly Bean)を搭載しています。また、2枚のSIMカードを挿して2つの電話番号で待受可能なデュアルSIM・デュアルスタンバイにも対応しています。「GSmart Simba」は、5インチ1,280×720ピクセルのIPS液晶、Snapdragon 400 1.4GHzデュアルコアプロセッサ、1GB RAM、4GB ROM、背面に800万画素カメラ、前面に130万画素カメラ、1,900mAhバッテリーを搭載しています。「GSmart Sierra」は、厚さ8.8mmの薄型ボディに、5インチ1,280×720ピクセルのIPS液晶、MediaTek MT6589T 1.5GHzクアッドコアプロセッサ、1GB RAM、4GB ROM、背面に1080pでのHDRムービーを撮影可能な1,300万画素カメラ、前面に200万画素カメラを搭載。バッテリー容量は2,000mAh。「GSmart Maya M1 v2」は、今年初頭に発売された「GGmart Maya M1」の後継機種。4.5インチ960×540ピクセルのIPS液晶、MediaTek MT6589 1.2GHzクアッドコアプロセッサ、1GB RAM、4GB ROM、背面に800万画素カメラ、前面に130万画素カメラ、1,700mAhバッテリーを搭載しています。発表された3機種は2013年Q3中に発売されます。発売国や価格は公表されていません。Source : GIGABYTE



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、防水・防塵(IP67レベル)に対応した「Galaxy S 4 Active」を正式発表
ソフトバンク、「AQUOS PHONE THE PREMIUM 009SH」と「Yahoo! Phone 009SH Y」にGPS機能改善のアップデートを提供開始
NVIDIA、専用ハード不要でスタイラスの筆圧を感知できる”DirectStylus”技術をTegra 4チップに搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP