ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

はねプリ第50回「見づらい場所の写真を撮って静止画で見れるのはいいかも」 – 『はるかがみ! ~シンプル高機能の鏡アプリ~』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『はるかがみ! ~シンプル高機能の鏡アプリ~』ってどんなアプリ?

『はるかがみ! ~シンプル高機能の鏡アプリ~』は、iPhone本体の「フロントカメラを使用した擬似的な鏡アプリ」(App Storeの紹介文より)。他人から見た自分の顔が分かる反転機能、拡大縮小、一時停止などの機能が搭載されている。評価時バージョンは3.3.2。無料。

アプリURL

https://itunes.apple.com/jp/app/id395634685

ひとことコメント

「普段鏡とか持ち歩かないしどうしようかなあと。で、そういえば手鏡代わりのアプリあったなと」

はぎ:IT業界をひっそりただよう40歳。あと1年待ったら年齢が素数になるのでそれまで我慢。
ねり:将来はガンダムパイロットになりたい女子大生。絶賛就活中。ホワイトベースに就職したい。

はぎ:さっきレーザー治療してきましてですね。
ねり:え! そうなんですか。
はぎ:なんか首のあたりにイボ的なものができちゃって、皮膚科で聞いたら「あー、老化だねー」とか言われて少しだけ泣きそうだったんだけど、 「レーザーで取る?」みたいな話になったんで取ってみた。
ねり:えー、痛そうですね。いくらぐらいしたんですか?
はぎ:保険を使って5,000円くらいだったよ。
ねり:結構するんですね。……ところで、この話、何かのアプリと関係あります?
はぎ:あ、そんでね、治療のあとに薬を渡されて「これ、塗っといてくれる?」って言われたんだけど……。
ねり:えっ、看護師さん塗ってくれないんですね(笑)。
はぎ:たしかに……。さておき、すぐに薬を塗りたかったんだけど、普段鏡とか持ち歩かないしどうしようかなあと。で、そういえば手鏡代わりのアプリあったなと。
ねり:あー、なるほどなるほど! 見てみましたけど、これインカメラの画像が表示されるだけですよね~?
はぎ:まあそうだね。iPhoneの内側についてるカメラの映像ですよと。
ねり:てか、鏡ならポーチから出すし~みたいな~(ギャル風)。
はぎ:まあ、ステキ女子たちはそうなんだろうけど(笑)。おっさんたちは普段鏡なんか持ち歩かないわけですよ。喫茶店のトイレとかでやってもよかったんだけど、せっかくアプリがあるなら使ってみようかなと。
ねり:なるほど。
はぎ:実は僕も最初にこのアプリを知ったときは、その存在意義がよくわかんなかったんだよね。でも、ズームもできるし、静止画状態にもできるから、特に「首の横にあるイボの跡地の具合はいかに?」とかいうときは便利だったよ。
ねり:確かに、見づらい場所の写真を撮って静止画で見れるのはいいかも。特に保存するまでもないですしね。あと、画像が反転できるので他人から見 た自分も確認できるみたいですね。
はぎ:このアプリの他にも手鏡のアプリあったけど、何故か占いの機能が付いてたり、単なるインカメラじゃなくするために、みんないろいろ工夫するもんだなあと思った。
ねり:まあ「カメラと同じ機能しかないの?」って言われちゃいますもんね。
はぎ:そうね。同じ機能だけだとそもそもApp Storeの審査通らないだろうし。ああでも、そういえば昔、まだiPhoneにインカメラが付く前のアプリで、単に画面が真っ暗になって「鏡です」って言い張るやつもあったなあ。
ねり:それはひどい(笑)。

はぎ:★★★☆☆ 何とかしてアプリとして成立させようとするさまは面白いなと思った
ねり:★☆☆☆☆ 鏡使っちゃうかな、って思います。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP