ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東芝が新型Androidタブレット「Excite Pure」「Excite Pro」「Excite Write」を発表、Tegra 4搭載機種やペン入力対応機種など3機種をラインアップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東芝の米国法人がAndroidタブレットシリーズ「Excite」(日本ではREGZA Tablet)の2013年モデルを発表しました。今回発表されたのは、「Excite Pure」、「Excite Pro」、「Excite Write」の3機種。全機種ともAndroid 4.2(Jelly Bean)を搭載した10.1インチタブレットです。日本ではまだ発表されていませんが、近く「REGZA Tablet」ブランドとして発表されると思います。「Excite Pure」は、10.1インチ1,280×800ピクセルのTFT液晶(Gorilla Glass搭載)、Tegra 3プロセッサ、1GB RAM、16GB ROMを搭載し、背面カメラは搭載しないという仕様。スペックは2012年モデル並ですが、価格は$299~と、低く設定されています。エントリー市場をターゲットにした機種のようです。「Excite Pro」は、10.1インチ2,560×1,600ピクセルのTFT液晶(Gorilla Glass 2搭載)、NVIDIAの新モバイルプロセッサ「Tegra 4」、2GB RAM、32GB ROM、背面に800万画素カメラ(F2.2レンズ)、Harman Kardonのスピーカーを搭載するといった仕様。ディスプレイやプロセッサをはじめ、中身は2012年モデルから大幅に強化されています。また、別売でキーボードドックも提供されるようです。価格は$499~で、米国では7月に発売される予定です。「Excite Write」は、スタイラスペンによる手書き入力機能を備えたGalaxy Noteのような機種。ワコム製デジタイザを搭載しており、ペンの筆圧を1,024段階で感知できるという。製品にはスタイラスペンが付属するほか、手書き入力機能を活用したノート作成アプリ「TruNote」や画像編集アプリ「TruCapture」がプリインストールされているそうです。Excite Writeの基本スペックはExcite Proと共通しており、10.1インチ2,560×1,600ピクセルの液晶(Gorilla Glass 2搭載)、Tegra 4プロセッサ、2GB RAM、32GB ROM、背面に800万画素カメラを搭載します。米国での価格は$599~と、今回発表されたExciteタブレットの中では最も高価な機種となっています。更新:米国では6月25日にToshibaDirectを通じて発売され、7月上旬より小売店でも発売されます。Source : EngadgetCNET



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobileが台湾でXperia ZRを発表、来週より発売開始
Samsung、モバイル向けプロセッサ「Exynos 5420」を開発中
Sony Mobile Xperia ZR(C5503)がFCCの認証を取得

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP