ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Qualcomm、Snapdragon 400の新SoC「MSM8926」を発表、3G/LTEをサポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Qualcommは6月4日、同社のモバイル向けプロセッサ「Snapdragon 400」シリーズのラインアップに3G/4G LTEチップを統合した「MSM8926」の追加を発表しました。「MSM8926」は既に発表された3G対応の「MSM8226」「MSM8626」のLTE対応版となる28nmプロセスのSoCで、携帯電話向けのチップセットにクアッドコアCPU(Cortex-A7 1.2GHz)とAdreno 305 GPUを内蔵し、1080p動画のエンコード/デコード、720pまでのディスプレイ、1,300万画素カメラをサポート。メモリインタフェースにLPDDR3をサポートするなど、一部の仕様は強化されています。通信方式では、従来の3G(HSPA+、GSM/EDGE、TD-SCDMA、1xEV-DO)に加えて、DC-HSDPA 42MbpsとLTE(FDD/TDD)cat 4 下り最大150Mbsに対応し、デュアルSIM・デュアルスタンバイやデュアルSIM・デュアルアクティブを含むマルチSIM構成にも対応しています。このほか、Wi-Fi n、VIVE 802.11ac、Bluetooth v4.0、FM、NFC、Qualcomm Quick Charge 1.0にも対応しています。MSM8926は2013年後半より出荷される予定です。Qualcommは今回の「MSM8926」を搭載したQualcomm Reference Design(QRD)のリリースも発表しています。Source : Qualcomm



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobileが台湾でXperia ZRを発表、来週より発売開始
Samsung、モバイル向けプロセッサ「Exynos 5420」を開発中
Sony Mobile Xperia ZR(C5503)がFCCの認証を取得

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP