ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ここぞ!を逃さないエナジー補給術

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏に向けてこれからますます暑くなる上に、梅雨にも突入。そこで重要になるのが、体力・気力などのエナジーだ。「すでに暑さでヘバっている…」という人もチラホラいる中、みんなの状況はどうなのだろう? 早速ボクらのエナジー事情を調査してみた(1都3県在住の25~34歳の男性会社員100人へのインターネットアンケート調査結果/2013年5月実施)。

【画像や図表を見る】

まずは、夏を控えた現時点で「毎日の生活においてエナジー(体力・やる気・集中力)は足りていると思うか?」を調査。すると、7割以上がエナジー不足を実感していることが判明した。こんな状態で、これから厳しさを増す暑さに耐えられるのか…ちょっと不安に。

では、なぜエナジー不足はなぜ起こるのか? それを探るべく、エナジーの“持続力”に着目してみた。「仕事時のエナジーは一度にどれくらい持続するか」を聞いてみたところ、上位は「2時間」(33%)、「1時間」(23%)、「3時間」(22%)となり、平均は「2.83時間」という結果に。2時間程度というと、ちょっと長めの打ち合わせや作業をしたらあっという間に経ってしまう長さ。もちろんその都度こまめに補給をするのがベターですが、忙しい中でそこまで頻繁に対処できないのも現実。そんなエナジーの持続時間の短さは、ボクらの日々のエナジー不足の原因のひとつのようだ。

となると、ポイントになってくるのが「長続きするエナジー」の補給方法。調べてみると、もってこいのアイテムを発見した! 世界約70カ国で販売されているFIFA公式飲料「POWERADE(パワーエイド)」ブランドから新発売の、エナジー系スポーツ炭酸飲料「POWERADE FUELX(パワーエイド フューエルエックス)」だ。エナジードリンクおなじみの成分はもちろんのこと、比較的ゆっくりと吸収され持続性の高い糖類「マルトデキストリン」配合で、勝つためのエナジー&水分を速攻チャージ! 今までのエナジードリンクにはなかった「続くチカラ」が期待できる。

ちなみに「エナジー補給をしたくなるとき」を聞いてみたところ、「その日の仕事の3分の2が終わって、残りの3分の1に取りかかるとき」(30歳・東京都)、「仕事疲れが溜まった状態でゴルフに行く日の朝」(34歳・東京都)、「ランニング直前」(25歳・神奈川県)など、ビジネスはもちろん、スポーツシーンの回答も多くみられた。また、みんなの「エナジー不足を感じる時間」の上位3つは「16時」(18%)、「14時」(16%)、「15時」(15%)。このあたりの時間帯もしっかりケアしたい。

さあ、この夏は効率よくエナジーを補給して、仕事もスポーツも今まで以上に充実させよう!
(R25編集部)

ここぞ!を逃さないエナジー補給術はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。