ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

6月は“不正改造”への意識を強化せよ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月は、車両の危険な改造を特に厳しく取り締まる「不正改造車排除強化月間」。毎年この期間は、街頭での検査はもちろん、各種啓発活動や、迷惑改造車相談窓口など、危険な不正改造車を排除するための取り組みが行われています。

【画像や図表を見る】

「不正改造車」というと、基準外のウイングの取り付けや、車体幅から突出したタイヤやホイールなど、見た目にもわかりやすい改造車を思い浮かべる人が多いはず。しかし、一般ドライバーが本当に気をつけなければいけないのは、その違法性を意識せずに愛車を改造してしまっているケースも多くあるんです!

故意・過失にかかわらず、もし、街頭検査などで不正改造を指摘されてしまった場合、自動車の使用者には、保安基準に適合させるよう整備命令が発令されることもあり、整備命令を発令された使用者は、15日以内に必要な整備を行い、保安基準に適合していることの確認を受けなければなりません。もし、整備命令に従わない場合は、50万円以下の罰金、また、そのクルマに一定期間の使用停止処分が科せられることがあります。使用停止期間満了後、なおも保安基準に適合していないと見なされた場合は、保安基準に適合するまで、クルマの使用が禁止され、この処分に違反すると、6カ月以下の懲役、または30万円以下の罰金が科されます。

こうした不正改造車をなくし、世の中から事故を減らすべく、毎年続けられている「不正改造車を排除する運動」への認知は、徐々にドライバー達にも広まっているようで、整備命令を受ける車両は年々減少傾向にあるものの、改造箇所によっては、まだまだ不正改造が多い箇所も。たとえば、「マフラーの切断・取り外し」については、平成23年から増加傾向。事故の危険性だけでなく、騒音公害の原因となるこれらの改造についても、その違法性をきちんと認識しておく必要がありそうです!

また、近年は減少傾向にあるものの、ランプ類の色を変えたり、可視透過率70%未満となる着色フィルムをフロントガラスへ貼ったりといった改造は、ユーザーが気軽な愛車のカスタムのつもりで、違法性の認識がないまま行ってしまっている場合が多い箇所。しかし、ランプ類の改造は他のドライバーに誤認を与える危険性があり、フロントガラスへの着色フィルム貼付は周囲の交通状況の確認が出来にくくなるなど、どちらも重大な事故につながる恐れがある危険な改造。こうした違法改造についても、知っておきたいところですね!

知らなかったでは済まされず、重い罰が課されることになる“不正改造”。クルマのオーナーは、もう一度愛車をしっかりチェックしてみた方がよいかもしれません!
(R25編集部)

6月は“不正改造”への意識を強化せよ!はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
宇宙旅行の参加条件とは
ソーシャル型活動量計 3つの特徴
どれだけ違う?日本と世界の年収
「ダメ社畜」チェックリスト10
「短時間勤務」企業の実態

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP