ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『攻殻機動隊ARISE』プレミア上映会レポ さらに六本木で電脳ALL NIGHTイベントも開催決定!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今まで幾度となくアニメ化されている、大人気シリーズ『攻殻機動隊』。
シリーズ最新作『攻殻機動隊ARISE』は、原作:士郎正宗、総監督・キャラクターデザイン:黄瀬和哉、シリーズ構成・脚本:冲方丁ら、豪華スタッフが創り出す、攻殻機動隊“エピソードゼロ”です。

6月22日より劇場上映となる第1話“border:1 Ghost Pain”の完成を記念して、5月24日(金)に、TOHOシネマズ六本木ヒルズ、TOHOシネマズ梅田にて、全世界最速の超先行プレミア上映会を行いました。

TOHOシネマズ六本木ヒルズでは、黄瀬和哉さん、冲方丁さん、プロダクションI.G 代表取締役社長の石川光久さんが登壇し、トークショーを展開。

石川社長は「『攻殻機動隊』の誕生の話なので今まで作ってきた『攻殼』をいかに壊せるか、壊したところからスタートするという点では、キャスト・スタッフ、監督を含めて全部新しいスタッフで臨んでいる」と本作にかける意気込みを語り、冲方さんは、『border:1』では「素子にとって最大の危機を最初から観せて、一人で脅威を乗り越えていく困難さ、チームを作る上で一人の限界を見せたかった」と紹介。さらに黄瀬総監督からは、「過去の話なので若返りを目指したのですが、素子に関しては少女っぽさを出したかった。女の子に可愛いと思ってもらえる素子を表現していきたい」と、本作での素子のイメージについて語ってくれました。
本イベントには、約1,000名のファンが集結。終了後のアンケートでは、大多数のファンが「期待以上の非常に良い出来だった」と作品を評価し、大盛況のうちにイベントは終了しました。

そして大好評のプレミア先行上映イベントに続き、6月7日(金)に、同じくTOHOシネマズ六本木ヒルズにて『攻殻機動隊』電脳ALL NIGHT イベントの開催が決定!
『攻殻機動隊ARISE』本予告上映のほか、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man』、『攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven』、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』ら大ヒット作をスクリーンで上映。ゲストに、TVシリーズの監督を務める神山健治さん、『攻殻機動隊ARISE』シリーズ構成・脚本の冲方丁さん、『攻殻機動隊ARISE』の作画監督を務める西尾鉄也さんを向かえ、最新作『攻殻機動隊ARISE』についてはもちろん、TVシリーズのエピソードも振り返る貴重なトークが予定されています。

『攻殻機動隊』電脳ALL NIGHT イベント概要
開催日:6月7日(金) 21:00~5:49
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン7
料金:4,000円(税込)
ゲスト:神山健治、冲方丁、西尾鉄也
上映内容:
『攻殻機動隊ARISE』本予告上映
『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man』
『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven』
『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』
チケット発売:“vit”にて、5月31日(金)24:00~(6月1日(土)0:00~)
※詳しくはTOHOシネマズ公式サイトをご確認ください。
イベント上映についてはこちらhttp://www.tohotheater.jp/event/ 

『攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain』
対テロ犯罪機関 -公安9 課-攻殻機動隊- 誕生前夜の物語今まで描かれる事のなかったエピソードゼロが始まる−。

映画公式サイトhttp://www.kokaku-a.com/

(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会

オタ女の記事一覧をみる ▶

記者:

「オタ女」(おたじょ)は“ちょっと”オタクだったり、“隠れ”オタクだったりする女性の為のサイト。アニメ、マンガ、ゲームや声優さんについての情報を楽しく紹介していきます。オタ女だってカワイイものが大好きだし、キレイになって充実した毎日を送りたい。女性なら誰でも気になる美容や恋愛に関する情報も満載です。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

TwitterID: otajo_news

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。