ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

5万キロ到達したら『フォレスター』が賞品に! ツイートで走行距離が伸びると賞品が豪華になるSUBARUの『FORESTER LIVE』5万キロ走破キャンペーン

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


世界5大陸、10万キロの走破を目指してSUBARUのSUV『フォレスター』で旅する企画『FORESTER LIVE』。オーストラリア大陸とユーラシア大陸のヨーロッパ地域を走破した『フォレスター』は現在アフリカ大陸を旅している途中で、行程の半分となる5万キロを突破しました。これを記念してユーザーが『Twitter』から参加できるキャンペーン『力を合わせ5万キロ走破プレゼントキャンペーン』が開催されています。

参考記事:
360°パノラマのドライブ動画が楽しい! 5大陸10万キロの旅を追うSUBARUの『FORESTERLIVE』
http://getnews.jp/archives/311867

参加者全員で、『FORESTER LIVE』で走った『フォレスター』のように5万キロの走破を目指すというキャンペーン。『Twitter』を使って参加できます。『FORESTER LIVE』の公式アカウント( @forester_live )をフォローして、キャンペーンサイトから『FORESTER LIVE』への応援や感想をツイートすると、サイト上の“バーチャルフォレスター”が2.5キロ走行するという仕組み。


“バーチャルフォレスター”が走行距離を伸ばすたびに、だんだん参加者に当たる賞品が豪華になっていくのが特徴です。執筆時点では1万6570キロ走行しており、賞品も15万円分の旅行券からSUBARUの『ぶつからない!? ミニカー』、キヤノンのミラーレス一眼『EOS M EF-M18-55 IS STM レンズキット』、ルイガノの折りたたみ自転車と、着々と豪華賞品がアンロックされている模様。

5万キロを達成すると、本物の『フォレスター』が賞品に。5万キロを目指すということは2万回ツイートされる必要がありますが、キャンペーンが終了する6月12日23時59分までに5万キロを達成することはできるのでしょうか。ちょっとドキドキしますね。


注目の賞品は『ぶつからない!? ミニカー』。赤外線センサが前方の障害物を検知して、障害物の前で止まったり車間距離を保つというSUBARUの安全技術『アイサイト』の機能を再現したミニカーです。大量の『ぶつからない!? ミニカー』がお互いにぶつからずに走行する様子を収めた動画は80万回以上も再生される人気。これが50台当たるというだけでも、参加してみる価値はあるかも。

minicar music player.(YouTube)
http://youtu.be/Q-ShJQThQxw

関連記事:
【動画】スバルの安全技術『アイサイト』を応用した“ぶつからない!? ミニカー”の大演奏会に賛辞の嵐
http://getnews.jp/archives/286433

キャンペーンページからのツイートは1日1回までですが、期間中は何回でもツイートが可能。10万キロ走破への挑戦を日々動画やブログ伝えてくれる『FORESTER LIVE』を見て気分が盛り上がったら、本物の『フォレスター』ゲットを目指して参加してみては。

『力を合わせ5万キロ走破プレゼントキャンペーン』(SUBARU)
http://foresterlive.com/50000/

画像:キャンペーンサイトと『YouTube』より引用

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP