ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

綾瀬はるか、織田裕二… 芸能界「代役からブレイク」の歴史

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 心筋梗塞で降板を余儀なくされた天海祐希(45才)に代わり、見事舞台を務めあげ、女優としての評価をジャンプアップさせた宮沢りえ(40才)は記憶に新しいが、芸能界では、代役をきっかけにブレイクした例も少なくない。そこで、民放ワイドショーやスポーツ紙でも活躍中のベテラン芸能記者3人が、その裏事情を明かします!

A:まずは、なんといっても『花より男子』(TBS系、2005年)の井上真央(26才)だよ。

B:当初、上野樹里(27才)主演で人気コミック『のだめカンタービレ』のドラマ化を進めてたけど、ストーリーが原作とだいぶ違ったことで、原作者からNOと言われ、一度はお蔵入りに。代わりに『花より男子』をドラマ化することが決まったといわれてるよね。

A:だけど、お金持ちばかりが集まる高校に通いながらも実は貧乏という主人公・牧野つくしは「上野ではイメージが違う」ということで、井上にお鉢が回ってきた。井上は『キッズ・ウォー』(TBS系、1999年)で子役として有名だったけど、大人の女優としては未知数。だから大抜擢だった。

B:NHK大河ドラマ『八重の桜』主演の綾瀬はるか(28才)も、“代役”出身のはず。

A:ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』(TBS系、2004年)は、実は石原さとみ(26才)が主演予定だったんだ。

C:ドラマ放映の2か月前に映画版が公開されたけど、ヒロインの長澤まさみ(25才)は実際に丸坊主にする女優魂を世間に見せつけた。これが話題になったよね。だから、テレビドラマ版も丸坊主にするんだって、みんな勝手に思ってた。

A:確かに(笑い)。だから、すでに売れっ子だった石原は、ほかの仕事に支障が出ると断ったといわれてる。そのためテレビ局は急きょオーディションを実施。事務所の後輩で当時グラビアがメインだった綾瀬が選ばれた。

B:綾瀬は長澤のように、髪を実際に剃ってみせたね。病気でやせていく役作りのために夕飯をゆで卵だけにして、ダイエットしたんだ。この子の根性はこのころから本当にすごかった!!

A:男優では、『東京ラブストーリー』(フジテレビ系、1991年)の“カンチ”役の織田裕二(45才)が有名だよ。最初に企画のオファーをかけられたのは、緒形直人(45才)。ところがスケジュールがキツキツで断ったんだって。

B:緒形以外にも多忙が理由の代役秘話って結構あるよね。

C:『3年B組金八先生』(TBS系、1979年)も、武田鉄矢(64才)の予定じゃなかったと聞いてるけど?

B:そうそう。当初は『愛と喝采と』(TBS系、1979年)でデビューした岸田敏志(当時・智史、60才)だった。

C:『金八先生』の最終回では、岸田が新人教師役でゲスト出演していた。翌年から岸田主演の『1年B組新八先生』が始まったよね。

※女性セブン2013年6月13日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ベアトップ姿の矢田亜希子32歳 “魅せる瞳”を撮り下ろし
内気な少女が女優に変わる 18歳美少女・有村架純を微笑み撮
『八重の桜』挽回へ綾瀬はるかが会津のグルメ食べよとの提言

カテゴリー : エンタメ タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP