ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ニオイの大きな原因は菌 繁殖促す3条件を取り除くと効果大

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジメジメする梅雨の季節。湿気とともに嫌なのがニオイだ。臭気対策アドバイザーの岩橋尊嗣(たかし)さんはこう話す。

「人間は、約40万種類ものニオイを感じとることができます。ニオイには必ず発生源があるので、“臭い”と感じたら、まずその原因を突き止めて」

 そして、家庭における悪臭の原因第1位は、ズバリ“菌”だという。

「菌が、エサとなる生ゴミや人間の皮脂や垢などを食べ、分解して排泄するときに悪臭を放ちます。菌は温度、湿度、栄養分のある環境で一気に繁殖。つまり、この3条件がそろう梅雨は、まさに菌にとって絶好の季節なんです」(岩橋さん)

 3条件のうちひとつを取り除くことで欽の繁殖を抑えられるとのこと。

「たとえば、キッチンなら、“水分=湿度”を完全に取り除くのは難しいですが、“生ゴミ=栄養分”を放置しないことは可能。3条件のうち、効率的に無くせるものはどれかを見極めて!」(岩橋さん)

 さらに、ライオンの杉本美穂さんによると、浴室の皮脂や垢、トイレの尿の飛び散りなど、家の中にいかに菌のエサを残さないかが勝負の決め手とも。「そのため、梅雨どきはこまめなお掃除が消臭への近道です」(杉本さん)。

※女性セブン2013年6月13日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
加齢臭気になる人はジューステストで自分の臭い嗅ぐ能力試せ
梅雨時の洗濯でやってはいけないことを洗濯マイスターが解説
「ワキのニオイは遺伝するが足のニオイは遺伝しない」と専門家

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。