ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

挙式3日後の矢口宅で大きな物音「やめて昌也!」の絶叫証言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 不倫騒動が決定的な原因となり離婚に至った矢口真里(30才)と中村昌也(27才)。結婚当初はラブラブだったのに、いつから冷え切ったものになってしまったのだろうか。

 別居する直前まで住んでいた超高級タワーマンションに引っ越したのは昨年7月だが、それ以前に暮らしていたマンション周辺からはこんな話が聞こえてきた。

「矢口さん夫婦の部屋から、夜中に重たい物が床に叩きつけられるような“ゴン! ガン!”っていう物凄い大きな音がして…。しばらくすると“ワーッ!”っていう怒鳴り声が聞こえて…。すると女性の“やめて! お願いだからやめて、昌也!”って絶叫が響いたんです。それが1時間近く続いて、警察を呼ぼうと110番も考えたほどでした」(マンションの住民)

 この住民は“事件”にでもなったりしたら大変だと、この出来事をメモしていたという。それによれば、この“夫婦喧嘩”が行われていたのは“2012年5月25日”──つまり披露宴のわずか3日後のことだった。夫婦関係はその頃から崩壊し始めていたのかもしれない。

「矢口さんの“不倫”が公になってしまい、もうふたりは“元には戻れない”と離婚を決意したみたいで、今、条件について話し合いをしているそうです」(芸能関係者)

 この離婚で注目されるのは財産分与と慰謝料の額だろう。離婚問題に詳しい長瀬佑志弁護士はこう説明する。

「一般的に財産分与とは、婚姻期間中に作った預貯金、不動産、車などの共有財産を折半することです。財産分与に関しては、原則として離婚原因は直接影響しないため、夫婦に収入差があっても、収入が低い方が、ふたりで協力して築いた財産だと主張することができます」

 つまり、どんなに“格差”があっても、中村は矢口に財産分与を請求できるということになる。

「ただし、収入が高い方は、共有財産ではないと主張することが多く、財産分与の話し合いは揉めるかもしれません」(前出・長瀬弁護士)

 さらに慰謝料については、

「今回のケースですと、矢口さんの不倫が原因となれば、彼女の落ち度が大きい。しかも、中村さんが現場に居合わせたということであれば、精神的苦痛は大きいとして、多額の慰謝料を請求できます。一般的には300万~500万円ほどですが、矢口さんは収入も多い芸能人ですから、かなり高額になる可能性がありますね」(前出・長瀬弁護士)

※女性セブン2013年6月13日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高岡蒼佑 元妻宮崎あおいに2億円土地財産分与請求可能性も
ダル 次男の手術成功で離婚協議進展も財産分与は拒否か
離婚したことを子供に知られたくないため一緒に住む元夫婦

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP