ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Motorolaの“X Phone”は“Moto X”として今夏に米国で発売、開発・製造が米国国内で行われる事も判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫


GoogleとMotorolaが共同開発しているとウワサの“X Phone”について、Motorola MobilityのCEOを務めるDennis Woodside氏がAllThings D主催のD11カンファレンスでその存在を認め、一部の概要を明らかにしました。

同氏は“X Phone”のことを“Moto X”と呼んでおり、Motorolaの次期「ヒーローデバイス」になると述べました。カンファレンスに登場した彼のポケットの中には“Moto X”が入っていたそうですが、実際に披露されることはありませんでした。

Woodside氏はまた、「Moto Xは、ポケットに入っていることを認識するほか、手にしている際に即座に写真を撮影できる、ユーザーが自動車に乗って60mphで走行していることを認識し、安全にスマートフォンを操作できる別の操作方法を提供する」と、“Moto X”の一部機能にも言及しました。

D11カンファレンスの後、Motorolaはプレスリリースで“Moto X”の発売予定に関するプレスリリースを発表しました。それによると、“Moto X”は米国において今夏に発売される予定で、米国で販売される全ての端末は米国国内で開発され、Texas州のFort Worthの工場で製造されることを明らかにしました。Woodside氏によると、プロセッサは台湾から、ディスプレーはOLEDパネルを採用しており、韓国から調達する計画とのことです。米国国内で設計・製造を手掛けることについては、「設計開発の高速化とサプライチェーンのスリム化により、トレンドやニューズに応じた製品作りを迅速に行うことが可能になるほか、ユーザーへの配達も速く行える」としています。
Source : AllThings DMotorola



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、Android 4.1以上向け「spモードメール」をv6620にアップデート
GoogleカレンダーのAndroidアプリがアップデート、予定の色がカスタマイズ可能になるなど機能拡充
「Galaxy S 4 Zoom」と「Galaxy S 4 Active」の主要スペック情報が流出?

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP