ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy S 4 mini(GT-I9195)の正確らしいスペック情報が流出、Qualcomm製1.7GHzデュアルコアプロセッサを搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドイツのAll About Samsungというサイトで、Samsung未発表のAndroidスマートフォン「Galaxy S 4 mini」のスペック情報が公開されました。今回はベンチマークアプリ「Antutu」のハードウェア情報の画像です。本物か偽装か判断のつかないスコア情報ではなく、実機でアプリを動かしたときの画面表示なので、情報の信憑性は高いと思います。画像によると、GT-I9195の搭載プロセッサはQualcomm製が採用されている模様です。CPUはデュアルコアで、CPUクロックは384~1728MHzでスケールし、GPUにはAdreno 305が採用されています。Snapdragon 400(旧Plus)系のSoCを搭載していると考えられます。スペック情報を書き出すと以下の通りです。スペック上のRAM容量は1.5GB、内蔵ストレージの容量は8GBでしょう。また、型番末尾にはLTE対応を示す”5”が付いているので、GT-I9195はLTEにも対応していると推測されます。 OS:Android 4.2.2 ディスプレイ:960×540ピクセル(qHD) プロセッサ:Qualcomm製1.7GHzプロセッサ(Adreno 305) メモリ:1350MB RAM、5531MB ROM、Micro SDカード対応 カメラ:背面に800万画素、前面に210万画素GFX BenchmarkやAntutuのテストスコアによると、Galaxy S 4 miniの3G版とみられる「GT-I9190」も同じプロセッサを搭載しているようなので、Galaxy S 4 miniではSamsung製プロセッサは採用されていないことになりそうです。Source : All About Samsung



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Google Playストアアプリの最新版「v4.1.10」を配信中
Samsung、”Galaxy S 4”ブランドを冠した小型スマートフォン「Galaxy S 4 mini」を正式発表
ディズニー、「DM014SH」のAndroid 4.1アップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。