ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

電子カルテなど“患者の医療データ”を一元管理し、モバイル端末で情報共有できるプラットフォーム「AirStrip」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

生きている限り、どんな人でもお世話になる可能性がある医療サービス。利用者としては、医療施設側を全面的に信頼して任せるしかなく、医者や看護師などの医療従事者たちは、常にその責任の重みを感じながらサービスを提供している。しかし、的確な医療サービスを施すためには、たくさんの情報を網羅し、適宜必要な項目をピックアップして、その都度患者の状態に合わせた判断と対応をする必要があるが、紙のカルテから電子カルテ、電子医療記録など、さまざまなデータソースが別個に存在し、随時スピーディに必要なデータを呼び出すことは難しく、それぞれのデータがバラバラに散在しているケースも多い。

それらの“医療データを一元管理”するツールが、「AirStrip」である。「AirStrip」では、医者や看護師、医療関係者たちがわざわざ同じ1つの部屋にいることなく、iPadやiPhoneといったモバイル端末を通じて、患者の医療データを共有できるシステム。患者の心拍数、血中酸素濃度といった、随時変化する波形データや、バイタル反応、治験結果、投薬情報、手術などの特別な治療や施術履歴、レントゲン写真などの画像といった医療データを集約させて表示するほか、患者用モニターをリアルタイムでフォローすることもできる。

個別の情報を得るために専用の端末を操作したり、情報を探す手間は不要になり、医療従事者がどこにいようと、いつでも患者にまつわる重要な医療情報を取り出すことができる。同じ情報を関係者全員でたやすく共有できることは、スピーディで確実な治療のために、大きな力となるだろう。

この「AirStrip」は、アメリカの地方最大級の医療施設の1つあるDignity Healthですでに導入されており、今後、さらに普及が進んでいくかもしれない。

AirStrip

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP