ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

17億DLを記録するスマホゲーム「アングリーバード」映画化権をソニーが獲得―2016年夏に3Dアニメ映画化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントは、スマートフォンのゲームキャラクターとして世界規模で人気の「アングリーバード」の映画化権を獲得、2016年7月1日に3Dアニメーションとして世界公開することを発表した。

【関連:『プレイステーション 4』正式発表、発売時期は年末商戦を予定】

「アングリーバード」は、フィンランドのコンピューターゲーム開発企業ロビオ・エンターテインメントが開発・提供するキャラクターで、その映画化権がメジャースタジオ各社の間で争奪戦となっていたが、ロビオ・エンターテインメントのミカエル・ヘッドCEOは「ソニーのマーケティングと配給の専門性に感銘を受けた。彼らとなら我々の新しい展開への最高の協力体制を持ち得ると確信した」と今回ソニー・ピクチャーズをパートナーとすることを発表した。

「アングリーバード」は2009年からスタートしたゲームアプリ。
レッド、ブルーなどと呼ばれる特殊能力を持つ鳥をスリングショットで放って敵の豚を倒すシンプルなゲーム。
アプリのダウンロード数は有料のアプリケーションとしては最高の17億ダウンロードを突破。

登場するキャラクターは世界中で大人気になり、瞬く間にグッズ販売、アニメ化などのメディアミックスを果して国際的なキャラクターブランドの座を確立した。

特にスマートフォンの普及率が高いお隣りの韓国では街中にアングリーバードのパッケージ商品や衣類が溢れ、昨夏には“校内暴力撲滅・予防対策”のイメージキャラクターに採用されるなど、アングリーバードの人気は絶大。

日本でもよく知られているK-POPアイドルたちが、“アングリーバード”Tシャツを着たり、“アングリーバード”ネイルを自身のツイッターなどで公開するなどしている。
    
日本では2012年フジテレビとのコラボレーションで「Sakura Ninja」エピソードと「Poached Eggs」エピソードが制作され、主人公たちが日本風のいでたちに扮して人気を博した。また、2013年3月からは「みんなのくじ」でアングリーバード商品が発売決定。全国のローソンや書店で展開されている。

今回の映画化にあたり、「アイアンマン」を手がけたデヴィッド・マゼルがエグゼクティブ・プロデューサーとして、「怪盗グルーの月泥棒」を手掛けたジョン・コーエンがプロデューサーとして決定しており、脚本家として「ザ・シンプゾンズ MOVIE」のジョン・ヴィティが加わることも同時に発表された。

画像:「アングリーバード」日本HP http://www.angrybirds.com/jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP