ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏ボーナス商戦の「狙い目スマホ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この季節になると、NTTドコモ、au、ソフトバンクの3大携帯キャリアによる夏モデル携帯の発表会が華々しく行われる。スマホの進化を占うマイルストーンとして、業界関係者が注目する恒例行事。今夏の発表会ではどんな動きがみられたのか? 各社の発表会を振り返ってみよう。

【画像や図表を見る】

まず5月7日に先陣を切ったソフトバンクでは、同社CMに出演中のゴールデンボンバーに加え、IKKOさん、スギちゃんが登場。なかでもスギちゃんが芸名にかけて「スピード早“すぎ”」なんてネタを披露し、通信性能の向上を大きくアピールした。また同社が日本独占販売する運動量測定リストバンド「fixbit flex」と健康支援サービス「SoftBank HealthCare」も発表し、ユニークな取り組みに注目が集まった。

続いて5月15日に行われたNTTドコモの発表会では、同社のCMキャラクターを務める渡辺謙さん、松坂桃李さん、石原さとみさん、橋本愛さんが登場し、 “お気に入りモデル”についての思いを披露。また、端末保証や様々なコンテンツ利用が定額料金で利用できる新サービス“ドコモサービスパック”が発表された。さらに「GALAXY S4」(サムスン)、「Xperia A」(ソニー)の2大人気機種を大幅値下げすることも発表し、大いにニュースを賑わせた。

そしてトリをつとめたauでは、CMキャラクターを務める剛力彩芽さんときゃりーぱみゅぱみゅさんが登場し会場を大いに沸かせてくれたが、特に注目すべきはハード(端末)以上にソフト面での取り組み。今回発表されたアンドロイド端末向けに「下り最大100Mbps」でのLTEサービスを順次開始することに加え、より“スマホを使いこなす”ことをコンセプトにしたサービスを発表。「auスマートパス」はユーザーニーズの高い読み物コンテンツなどを大幅拡充したほか、“使いこなすため”のサポートサービス「auスマートサポート」を開始するなど、ユーザー視点に立ったサービスの強化が印象的だった。

国内携帯出荷台数の約8割をスマホが占める(2012年第4四半期を対象にしたIDC調査)いま、各キャリアともユーザー層ごとにきめ細かなサービスを訴求し、全方位的なアプローチを試みている様子。なかでも、NTTドコモが行ったユーザーインターフェイスの改良やSoftBankのシニア向け端末、“スマホへの不安”を払拭するauの「auスマートサポート」など、各社ともスマホ初心者を意識した取り組みに注力している様子がうかがえる。

今やスマホはボーナス商戦の主役。端末の買い替えからキャリアの見直しまで、目移りしてしまう状況が続きそうだ。
(R25編集部)

夏ボーナス商戦の「狙い目スマホ」はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております
■関連リンク
“塗って拭く”タッチパネル保護材
プチプチし放題のスマホケース
ランニングを助けるお薦めアプリ
スマホの画面ロック一番いい方法は
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP