体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スリムクラブ真栄田賢さんが中高生とはしゃぎまくり! 自由なペイントが弾けた『ファンタ カラフルフェス“遊ぶ日”』レポート

2013-05-18 17.54.54

10代を中心に根強い人気を誇る炭酸飲料『ファンタ』。その中でも定番のオレンジとグレープは果実から抽出したフルーツエキスをミックスしてリニューアルしたほか、パッケージにオリジナルキャラクターが描かれるなど新しいデザインになりました。

それにともない、「PLAY(遊び)」をテーマにしたキャンペーンも強化。毎月第4土曜日を“遊ぶ日”と定め、ティーンを対象としたイベントが行われます。その第1回目となる『ファンタ カラフルフェス』が2013年5月25日に東京・よみうりランドで開催。中高生約200人が集まった中、ゲストとしてスリムクラブの真栄田賢さんや、ジューシーズの赤羽健一さん・児玉智洋さん・松橋周太呂さんが登場しました。

※すべての画像をご覧になる場合はこちらをご覧ください
http://getnews.jp/archives/348666

2013-05-18 17.36.25

夏が近いことを感じさせる日差しの下、イベント開始前から早くも参加者は用意された絵の具でボディペイントをしたり、写真を撮り合ったりして自由を満喫している様子。

2013-05-18 17.38.18

鏡を片手にしてフェイスペインティングをする女子も。友達同士で塗り合っている姿もあり、「若いっていいな!」という光景が随所で見られました。

2013-05-18 17.54.17

そんな中、真栄田さんとジューシーズの3人がステージに登場して大歓声! 中高生たちのノリのよさに、いつも以上に口なめらかで軽妙なトークで応えます。

2013-05-18 18.08.09

『ファンタ』の公式サイト内に作られた『遊ぶ基金』で、週替わりで“遊ぶ場のシチュエーションを生かした大喜利”が投稿できるようになっているのにちなみ、真栄田さんたちも大喜利に挑戦しました。

「ファンタとかけまして、テレビとかではないこういった営業ととく。その心は、どちらもオイシイ」という真栄田さんに対しては、一瞬ポカーンとした空気の後で拍手が巻き起こりました。それを見て「オトナの回答でしたね」とジューシーズがフォローを入れる一幕も。

2013-05-18 18.11.59

フェスというお題を与えられた赤羽さんは、「フェスとかけまして、つけまつげとときます。そのこころは、どちらもボリュームが大事でしょう!」と見事に落としてみせて、詰めかけた女子たちから喝采を浴びていました。

2013-05-18 18.17.05

その後、真栄田さんが着るTシャツにジューシーズがペイント。

1 2 3次のページ
エンタメ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。