ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Snapdragonプロセッサを搭載したAndroid端末向けの省電力化アプリ「Snapdragon BatteryGuru」が日本語に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

QualcommがSnapdragonプロセッサを搭載したAndroid端末向けに提供している省電力化アプリ「Snapdragon BatteryGuru」が本日のアップデートで日本語に対応しました。BatteryGuruは、Androidユーザーの利用パターンを学習し、Androidアプリのバックグラウンド通信の発生タイミングを制御することで節電を図るアプリ。インストール後、数日間は学習モードと呼ばれる動作モードが実行され、ユーザの利用パターンの学習が行われます(数日かかります)。その後、実際に制御が行われます。前回バージョンまでは英語のみに対応していましたが、アプリのアップデートで日本語に対応しました。アプリの画面表示や設定メニューの表示はもちろん、チュートリアルやヘルプ(Q&A)までもバッチリ日本化されており、初めて使用する方にとっても使いやすいものになったかと思います。アップデートでは日本語のほか、中国語、韓国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語、トルコ語にも対応しています。他のアップデート内容は”軽微な不具合の修正”となっています。「Snapdragon BatteryGuru」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
レコチョク、Android向けに音楽プレイヤーアプリ「(NEW)レコチョクplus+」をリリース、アプリUIを刷新し、機能もパワーアップ
Galaxy Note IIIのメインカメラは1,300万画素で、光学手ブレ補正機能を搭載するという噂
LG製の新型Nexusは出ない模様、LGの幹部が明かす

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP