ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy S 4 GT-I9505(Snapdragon 600版)開封の儀、Exynos 5 Octa搭載のGT-I9500との性能比較も実施(更新)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Galaxy S 4のグローバル向けLTE対応版「GT-I9505」を入手したので早速開封の儀を執り行います。GT-I9505は、Snadpragon 600 APQ8064T 1.9GHzプロセッサを搭載したGalaxy S 4のモデルの一つで、日本や米国を始め、LTEサービスを提供している国のほとんどでは、この「GT-I9505」、または「GT-I9505」をベースにしたカスタマイズモデルが販売されています。Galaxy S 4の発売国のうち、75%は「GT-I9505」ベースのものが投入されていると言われており、Galaxy S 4の中でも最も普及しているモデルになっています。以前、こちらの記事で紹介した「GT-I9500」とは、搭載プロセッサが8コアのExynos 5410 1.6GHzではなく、4コアのSnapdragon 600 APQ8064T 1.9GHzであること、LTE方式のデータ通信機能をサポートしているところが主な違いとなっています。スペックシートを見る限り、機能面に違いはありません。(今回入手したのは英国で発売された「GT-I9505」の16GBモデル。SIMロックはかかっていません。カラーは「White Frost」と呼ばれるもの。先日紹介した「GT-I9500」が「Black Mist」だったので、それとは違うカラーを選びました。Galaxy S 4の各部名称や機能は「GT-I9500」の記事で紹介したので(紹介し尽しきれてはいませんが・・・)、この記事ではGT-I9500との違いを中心に紹介していきます。参考)Galaxy S 4 GT-I9500開封の儀&ファーストインプレッション製品箱はGT-I9500と同じです。木目調のデザインが特徴。同梱品も同じでした。「White Frost」の外観は表面の色が異なる点を除いて「Black Mist」と同じ。ただ、白を基調としたカラーリングなので、表面の格子模様は目立ちません。バックカバーの表面には光沢があり、手触りはツルツルしています。持った感触も「Black Mist」に似ています。雰囲気はGalaxy S IIIの「Marble White」に似ていますね。バックカバーを外した状態です。Micro SIMスロットやMicro SDカード、バッテリー、Qiアンテナの搭載位置やネジの配置は「GT-I9500」と同じですが、左上にシールが貼られていなかったり、右上の穴のサイズが若干小さかったりと、構造の一部は若干異なっています。「GT-I9500」とは別のプロセッサ・ベースバンドチップが搭載されているので、カーネルやベースバンドファームのビルド番号は異なっていますが、OSバージョンはAndroid 4.2.2(JDQ39)で共通しています。ソフトウェアの機能の中で「GT-I9500」では利用できて、「GT-I9505」では利用できないというものはありません。プロセッサは、「GT-I9505」(左)がSnapdragon 600 APQ8064T 1.9GHz、「GT-I9500」がExynos 5410 1.6GHz。「GT-I9500」のCPUは8コアですが、4コアずつのクラスタが切り替わって動作するので、システム上は4コアCPUとして認識されます。両モデルのプロセッサは異なりますが、UIのサクサク感やアプリ利用中のフィーリング等の体感的な性能に違いは感じられませんでしたが、主要なベンチマークアプリでは、「GT-I9500」の方が高いスコアを出していました。(訂正:Exynos 5410は、4つのCortex-A15と4つのCortex-A7がクラスタで切替わるのではなく、1つのCortex-A15と1つのCrotex-A7がペアになってコアを切り替わる仕様に変更されているそうです。Source : PC Watch「省電力モード」を有効にすると、CPUの最大クロック周波数は1,350MHzに落ちます。今回入手したGalaxy S 4のストレージ容量は16GBですが、実効容量は9.15GBでした。GT-I9500よりも若干大きいです。Quadrant Standard。トータルスコアは、「GT-I9505」が12493点に対して、「GT-I9500」は13069点。Antutu。トータルスコアは、「GT-I9500」が27,253点なのに対して、「GT-I9505」は25050点。若干違いが見られます。3DMark。こちらはGT-I9505の方が高いスコアを出しています。3Dグラフィック性能はGT-I9505の方が高いみたいです。Vellamo。WEBブラウジングのテスト「HTML」とハードウェア性能テスト「METAL」はどちらも「GT-I9500」の方が上でした。SunSpiderテスト。これはJavascriptの処理性能を測定するもので、より短時間でテストを完了した方が高性能となります。テストでは両モデルとも標準ブラウザを使用したので、CPUの性能差を知ることができます。テストは「GT-I9500」の方が短い時間で完了しています。バッテリーの持ちはまだ計測できていませんが、「GT-I9500」と「GT-I9505」で同じアプリを同じ時間動かし、その間のバッテリー消費量を計測してみたので紹介します。テストでは、画面の明るさはどちらも25%に設定し、Wi-FiやGPSなどの機能の設定状態も揃えてテストしました。今回利用したアプリはゲームアプリ「Crazy Snowboard」と動画アプリ「YouTube」。Crazy Snowboardは30分操作(Free Rideで放置したまま)しました。その結果、「GT-I9500」のバッテリー残量は84%から76%に低下。8%消費したことになります。一方、「GT-I9505」のバッテリー残量は86%から74%に低下。12%消費したことになります。YouTubeでは、同じ動画をHD画質で30分間再生しました。その結果、GT-I9500のバッテリー残量は75%から69%に低下。6%消費したことになります。「GT-I9505」のバッテリー残量は74%から65%に低下。9%消費したことになります。この2つのテストにおける電力効率はGT-I9500の方が良いことになります。バッテリーの消費量は端末の使用環境や使用形態、バッテリーの個体品質などによって変わってきますが、「GT-I9500」の方が電力消費は低いのではないかと思います。



(juggly.cn)記事関連リンク
シャープの「AQUOS PHONE EX SH-04E」がPlayStation Mobileに対応
Galaxy S 4のサービスメニューを表示する方法
Snapdragonプロセッサを搭載したAndroid端末向けの省電力化アプリ「Snapdragon BatteryGuru」が日本語に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。