ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Gogole Glass Explorer Edition用ファクトリーイメージとroot用ブートイメージが公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleがメガネ型ARデバイス「Google Glass Explorer Edition」用のファクトリーイメージとroot用のブートイメージを公開しました。ファクトリーイメージ(system.imgやrecovery.imgなど)はGlassを工場出荷時の状態に戻すために使用するもので、glass_1-img-201305051837.zipのZIPファイルとして配布されています。root用ブートイメージはGlassをroot化するのに使用するものです。どちらのファイルも利用するにはGlassのブートローダーをアンロックしておく必要があります(ブートローダーのアンロックやroot化、カスタムイメージを導入を行うと、保障が無効になるほか、OTAアップデートも受信できなくなることが注意事項として記載されています)。ブートローダーのアンロック方法

fastboot oem unlock

root用ブートイメージの導入方法

fastboot flash boot boot.img

ファクトリーイメージを使用して工場出荷時の状態に戻すには、以下のfastbookコマンドを順に実行します。工場出荷時の状態に戻す際に内蔵メモリでのデータは消去されます。

fastboot flash boot boot.imgfastboot flash system system.imgfastboot flash recovery recovery.imgfastboot flash userdata userdata.imgfastboot erase cache

Source : GoogleLivingThruGlass.com



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S 4専用Samsung純正アクセサリー「S View Cover」が日本でも発売中
米Hisense、$99からの低価格7インチタブレット「Sero 7」をWalmart限定で発売
NTTドコモ、「MEDIAS W N-05E」のソフトウェアアップデートを開始、タッチパネルの誤動作を改善

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。