ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ご飯1杯を半分にすると1年で約5kgの体重減も可能と専門家

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「食べる量は増えてないのに太る」「体重が増えるとなかなか元に戻らない」…。これは20代から減り始め、40代に入るとガクンと落ちる代謝(消費エネルギー)が原因だ。代謝が落ちればエネルギー消費も落ちて、消費されなかった食物は脂肪となり体に蓄積される。40代からの効果的なダイエットは? 健康的なやせ方とは――?

 東京大学大学院教授で筋生理学・トレーニング科学専門の石井直方さんに解説してもらった。

 40代になると代謝が落ちる上に脂肪が増えやすい体になるため、若い頃の食生活を続けていると消費できないエネルギーが日々蓄積されていく。脂肪を貯めない体にするには“摂取エネルギーを適度に減らす”のが基本。

「軽くご飯1杯分(約120g/200kcal)を半分にすると100kcal(体重約50kgの人が45分ウオーキングで消費したエネルギーと同じ)。さらに 1か月続けると100kcal×30日=3000kcalのカロリーダウンに。

 ただし脂肪を1g燃焼するには7 kcalを必要とするので3000kcal÷7kcal=428.6g。体質にもよりますが1か月で約430g、1年で約5kgの体重減に。1日100kcalを減らす程度なら、体へのダメージもありません。長年かけて蓄積した脂肪を落とすには、それなりの時間が必要だと認識して」(石井さん)

 1食分のご飯を半分に減らすだけなら、すぐにトライできるはず。また、どうせ食べるなら洋菓子ではなく和菓子、揚げものを控える…など、自分の食生活(摂取エネルギー)を見直すこともお忘れなく。

※女性セブン2013年6月6日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
原発の真の危険性は? 日本のエネルギー政策について考察した本
代謝の3分類の一つ 基礎代謝を高めるにはキツい運動は不要
「人は何も食べなくても40日間生きられる」と南雲吉則医師

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP