ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女子に嫌われる3K上司の特徴

DATE:
  • ガジェット通信を≫

勤め人である以上、自分の意思で選べないのが上司部下などの人間関係。とくにどんな上司の下で働くかで、職場の環境は大きく左右されるもの。初対面で感じが良かったり、外部から見ているぶんには好印象を抱いていたりしたのに、実際に直属の部下になってみると本性に気づいてがっかり…なんてこともあるのでは?

【画像や図表を見る】

~ 意外と見られている上司の支払い! ~

自分の上司の行動で嫌だと感じる項目や、好きな上司がザンネン上司に変わってしまうのはどんな瞬間なのだろう? このほどスマートマネー研究所が行った「自分の上司の行動で嫌だと感じる項目」と「好きな上司がザンネン上司に変わるポイント」についての調査結果※1によると、「ケチ(お金に細かい)・軽率(軽い)・きたない(清潔感がない)」の3Kにまつわる項目について高いスコアとなった。自分で誘っておきながらワリカンや口が軽い、顔が近いなどが上位にランクインしている。また、上司に対するがっかり感は男性よりも女性の方が生じやすく、女性から見た好きな上司がザンネン上司に変わるポイントでトップだったのが「自分から誘っておきながら、割勘を迫る」(70.5%)というもの。次いで「お使いに行かせた後、おつりをキッチリもらう」(69.1%)、「お金がない、小遣いが少ないアピールをする」(67.8%)と続き、女性から見た上司のNG行為はお金に関する振る舞いが上位を占める結果となった。また、同研究所が行ったグループインタビューでの若手女性のコメントを見ると「仕事ができない上司は、たいていお金にも細かく、輪をかけて仕事ができない上司という印象になる」といった辛らつな意見も…。

アベノミクスによって円安が進んだり、物価の上昇に兆しが見えたりしているものの、所得が上がるのはまだ先の話。家のローンや養育費など、なにかとお金がかかる上司世代は、おいそれと部下に気前の良いところを見せてばかりもいられないというのが実情だろう。

では、いかにして部下からの信頼を獲得するかだが、同調査の「この人についていきたい! と思える上司の行動」にヒントがありそう。最も支持を集めたのが「社内の違う部署や上層部との交渉事を代わりにしてくれる」(87.0%)。次いで「プロジェクトの打ち上げなど、ここぞという時に自腹で奢ってくれる」(86.8%)、「残業中にさりげなく差し入れをくれる」(85.6%)などが上位にあがった。つまり、部下が対応できないような折衝事の肩代わりや、タイミングを見計らったねぎらいの気持ちが大切というわけ。金額の大小ではなく、ここぞという時のフォローを欠かさないのが信頼を得る上司ということか。

さらに、上司が部下をもてなす場合にちょっと支払い方を工夫することで、印象がずいぶん異なることも判明。「現金払いでお釣りを入念に確認する」(16.6%)より「クレジットカードなどでサクッと支払いを済ませる」(83.4%)方が圧倒的に印象がいいという結果や、ワリカンをするにしても、「その場で現金を回収して支払う」(25.5%)より「さりげなくカード払いで、後日精算」(74.5%)の方がスマートに見えるというのは参考になりそう。お金に細かい印象にならないように注意したい。

たしかに、飲み会の支払いのタイミングでもたついた時に、サッとカードを取り出す上司がなんだか頼もしく見えるというのはうなずけるところ。

ちなみに「もし○○さんが上司だったら・・」と著名人の上司イメージを聞いたところ、「カードで奢ってくれそう」な上司は石田純一がトップに、「現金で奢ってくれそう」な上司は北島三郎がトップという結果になった。
※1:首都圏の20〜34歳の社会人男女416名へのアンケート調査による
(R25編集部)

女子に嫌われる3K上司の特徴はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。