ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アンジー切除手術で注目 遺伝子検査研究企業に問い合わせ多数

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アンジーこと、女優のアンジェリーナ・ジョリー(37才)が『ニューヨーク・タイムズ』(5月14日付)に寄稿した「私の医学的選択」という手記が世界中の注目を集めている。

<医師の話によれば、私の場合、乳がんの発生リスクは87%、卵巣がんの発生リスクは50%ということでした>

 なぜこんなことがわかったかというと、彼女が「遺伝子検査」を受けたからだ。そしてこの数字を知り、アンジーは大きな決断をした。それが、両乳房の切除手術。まだがんを発症していない段階にもかかわらず、映画『トゥームレイダー』などでその美貌とともに見せつけていた美バストを、手術で切除したのだ。

 国連難民高等弁務官事務所の親善大使を務めるなど、社会事業に関心の高い彼女のこの「医学的選択」に対し、欧米では「彼女の決断を応援したい」「問題提起のために告白した勇気を称えたい」など、多くの人が賞賛を送った。

 もちろんその一方では、欧米でも、「健康なボディーにメスを入れるなんて」といった声も聞かれるし、まして日本では“予防的におっぱいを切る”という選択は、それがハリウッドセレブであるアンジーのものということも手伝って、いかにも大胆かつ非日常的な行動に映ったのではないだろうか。

 ただし現実を見れば、日本でも乳がんによる死者は増加している。日本では16人に1人の女性が乳がんにかかるとされ、そのうち2011年に乳がんで亡くなった女性は、1万2838人に上る。これは、20年前の約2倍の数字だ。

 アンジーが受けた遺伝子検査と、乳房の切除・再建手術とは、いったいどんなものなのだろう。遺伝子検査は2000年頃から日本でも行われるようになり、現在、全国83の病院・施設で実施されているが、聖路加国際病院もそのひとつ。同病院の乳腺外科部長でブレストセンター長の山内英子さんが説明する。

「遺伝子というのは細胞の核の中にある“設計図”です。それが通常と少しだけ違う、つまり遺伝子に変異がある場合、細胞ががん化するのを抑制できなくなります。なかでも、“BRCA1”と“BRCA2”と呼ばれる遺伝子に変異がある人は、乳がんや卵巣がんになる危険性が高いのです」

 遺伝子の変異が関係するこの「遺伝性乳がん(正式名称・遺伝性乳がん卵巣がん症候群、HBOC)」は、乳がん全体の5~10%を占める。検査で陽性(変異がある)となれば、70才までに乳がんになるリスクは56~87%。アンジーの場合もやはり“BRCA1”遺伝子に変異があった。

 彼女の母親は、10年間の闘病の末、56才の若さで亡くなっている。原因はがん。当時行われた記者会見で、母親の思い出話に涙ぐんだ彼女の姿からは、大きなショックが見て取れた。検査結果から手術を行った理由は、母親の死の影響が大きいと手記にも書いている。

 各病院・施設と提携し、日本で2000年からこの遺伝子検査を実施している企業「ファルコバイオシステムズ」バイオ事業推進部学術顧問兼部長で医師の権藤延久さんによれば、8人に1人が乳がんにかかるアメリカでは、年間12万人がこの検査を受けているという。検査は、血液を7ccほど採取して行う。かつて結果が出るまでに約1か月かかったが、現在は最短1週間での判定も可能だ。

「1996年ごろから行っているアメリカでは、これまでにも遺伝子検査を受け、同じような予防的手術をした女優さんは何人もいます。ただ、今回は世界で3本の指に入るくらい有名な女優さんですから、インパクトが大きいのでしょう。問い合わせがかなりきています」(権藤さん)

 アンジーが行った手術は、手記によればこうだ。2月2日、「ニップル・ディレイ」という、乳頭を残すための手術を行う。乳管が密集している乳頭を残すと、がん組織を残す可能性がある。その予防も兼ねた処置のようだ。

 2週間後、再度手術。乳房内の組織である乳腺を切除した。乳腺は乳房内の組織の主要部分であり、これを切除することは、皮膚を残して乳房そのものを取り去るということ。その後、一時的な詰め物を入れる手術を行った。それから9週間後の4月27日、詰め物を抜いてインプラントを入れる乳房再建手術を行い、計3回に及んだ手術を終えた。

※女性セブン2013年6月6日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
がんを抑制するREIC遺伝子でほとんどの腫瘍が完全に消滅
病気のリスクわかる「ルクシー在宅遺伝子検査キット」が話題
年間3万人が死ぬ肝がん 遺伝子により発症リスクに2倍の差

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP