ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

超音波でビールにきめ細かな泡を

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビールがおいしい季節。できれば居酒屋やビアガーデンでプロが丁寧に入れた生ビールをグビりたいところですが、そうしょっちゅう行くわけにもいかず、もっぱら家で毎日の晩酌を楽しむ人が多いのではないでしょうか。

【画像や図表を見る】

そんな家飲みを、ビアガーデン気分にしてくれるのが、タカラトミーアーツの『ソニックアワー』。これは超音波をグラスに伝え、ビールにきめ細かい極上の泡を加えてくれるというもの。

使い方は簡単で、まず超音波の振動を伝えるため、本体トレイの上にうっすらと水を張ります。そこにビールを7分目程度まで注いだグラスをセット。グラスはガラス製で底が薄く平らで、口に比べてすぼまっていない形のものが◎。底が分厚すぎたり、底面の一部しかトレイに接しないものでは泡が立ちにくくなってしまいます。後は本体のソニックタッチスイッチに触れるだけ。たちまちグラスの底の方から、均一な美しい泡が立ち上ります。

これで家飲みビールが、まるでビアマイスターが入れたかのような、本格的な見た目と味わいに大変身。さらに8色のLEDライトで、グラスを鮮やかにライトアップするイルミネーション機能まで付いています。

ちなみに、あまり何度も泡を立ててしまうと、炭酸が抜けてしまうので、あくまで2~3回程度に留めるのがポイントだそう。自分用はもちろん、ビール党の友達や父親に贈るギフトとしても喜ばれるかもしれませんね。
(熊山 准)
(R25編集部)

超音波でビールにきめ細かな泡をはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したのです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP