ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Galaxy S 4の新機能「Adapt Sound」 : 通話や音楽再生の音質をユーザーに合わせて最適化する機能

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

この記事では、Galaxy S 4の新機能の一つ「Adapt Sound」機能を紹介します。Adapt Soundは、Galaxy S 4に接続したイヤホン/ヘッドホンから出力される通話音や音楽の音質をユーザーの耳に合わせて最適化する機能です。音の聴き取りやすさを周波数別にチェックし、その結果を基にGalaxy S 4が音の出力特性を調整することで、例えば、同梱のイヤホンや安価なものを使用した場合でも音質は改善されます。Adapt Soundの設定方法Galaxy S 4にイヤホン/ヘッドホンを接続し、音楽アプリを起動します。メニューボタンを押して「設定」を開き、「Adapt Sound」メニューで「ON」を選択します。

初めてAdapt Soundを利用する場合は始めにサウンドチェックを行います。画面上の説明を読み、「開始」をタップします。調整画面では、周波数ごとのビープ音が鳴ります。聞き取れる場合は「はい」、聞き取れなかった場合は「いいえ」をタップします。この作業によって、聴き取れなかった音をGalaxy S 4が学習し、補正をかけます。

サウンドチェックが完了すると、Adapt Soundによる最適化の結果が表示されます。グラフを見ると接続したイヤホンでは低音の聴こえが悪いようです。黄色い線はAdapt Soundを有効にしたときの聴き取り具合を示したもので、低音がAdapt Sound無効時の高音並に聴こえるようになっています。「Adapt Soundの視聴」をタップすると、Adapt Sound有効/無効の音を聴き比べることができます。

Adapt Sound機能は、いつでも有効/無効を切り替えたり、イヤホン/ヘッドホンを変更した時などにやり直すことができます。残念ながら、Adapt Sound機能は、ヘッドホンジャックに接続した機器と標準の音楽アプリとの組み合わせでしか機能しません。



(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS ME302KL(K005)がFCCの認証を取得、Snapdragon APQ8064 1.7GHzプロセッサを搭載したLTE対応タブレット
KDDI、auスマートフォン向けEメール・SMSアプリのメジャーアップデートを発表、メッセージを吹き出しの会話形式で表示する「会話モード」を導入
Samsung、Galaxy S 4の販売台数が1,000万台を突破したと発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。