ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Motorolaの「XT1056」がFCCの認証を取得、Sprint向け”X Phone”?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新しい型番規則を採用したMotorola製スマートフォン「XT1056」がFCCの認証を取得しました。FCC IDは「IHDT56PB2」。GoogleとMotorolaが共同開発していると噂の”X Phone”の型番として、「XT1055」「XT1058」「XT1060」の型番が浮上しており、今回の「XT1056」はそれらと似た規則の型番となっていることから、”X Phone”のモデルの一つと予想されています。各通信方式のアンテナの配置図によると、XT1056の横サイズは約65mm、縦サイズは128.5mm。本体はけっこうコンパクトな模様です。認証は、CDMA850(BC0、BC10)/1900MHz(BC 1)、LTE 1900MHz(Band 25)、Wi-Fi(2.4GHz帯、5GHz帯)、Bluetooth、RFIDの周波数で取得していますが、資料によると、WCDMA 850/1900MHzに対応しており、無線LANはIEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetoothはv4.0+LEに対応しています。端末自体は米Sprint向けとみられます。Source : FCC



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、auスマートフォン向けEメール・SMSアプリのメジャーアップデートを発表、メッセージを吹き出しの会話形式で表示する「会話モード」を導入
Samsung、Galaxy S 4の販売台数が1,000万台を突破したと発表
NTTドコモ「Galaxy S 4 SC-04E」が本日発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP