ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京セラ、米国キャリア向けに防水・防塵対応スマートフォン「Hydro XTRM」「Hydro Edge」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

京セラの米国法人は現地時間5月21日、同社の海外向け防水対応スマートフォン”Hydro”シリーズの新モデル「Hydro XTRM」「Hydro Edge」を発表しました。とぢらも、Android 4.1(Jelly Bean)、4インチのIPS液晶、デュアルコアCPUを搭載し、ディスプレイが振動して通話音声を耳内に直接伝える「スマートソニックレシーバー」を採用したエントリー~ミッドレンジクラスのスマートフォン。Hydro XTRM(上図左)は、IP57の防水・防塵に加えて、MIL810G準拠の耐久性(耐落下衝撃、耐振動)を備えたLTE対応機種で、米国時間5月21日より米U.S Cellularを通じて発売されます。価格は2年契約で$29.99。Hydro Edge(上図右)はIP57の防水・防塵に対応するのみ。LTEには非対応です。発売時期は今年の夏頃で、米Sprintとその傘下の米Boost Mobileを通じて発売されます。価格はまだ公開されていません。Hydro XTRM Android 4.1(Jelly Bean) 4インチIPS液晶、強化ガラス搭載 1.2GHzデュアルコアプロセッサ 背面に500万画素カメラ、前面に130万画素カメラ IP57の防水・防塵、MIL810G(耐落下衝撃、耐振動)、LTE対応Hydro Edge Android 4.1(Jelly Bean) 4インチIPS液晶、強化ガラス搭載 1.0GHzデュアルコアプロセッサ 背面に500万画素カメラ IP57の防水・防塵Source : 京セラ



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia UL SOL22の端末価格と毎月割の適用金額
Qualcomm、5.1インチ2,560×1,440ピクセルの高解像度MirasolディスプレイをSID 2013で展示
LGが台湾でキャップレス防水対応の「Optimus GJ」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP