ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Opera、Webkitを採用した『Operaブラウザ』の正式版をGoogle Playストアで提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Opera Softwareは5月21日、Android向けブラウザアプリ『Operaブラウザ』を『Gogole Playストア』にリリースしました。今回リリースされた『Operaブラウザ』は、従来の『Opera Mobile』からHTMLのレンダリングエンジンをAndroid標準ブラウザや『Chrome』などに採用されているWebkitに変更したリニューアル版で、今年3月上旬よりベータ版として提供されていましたが、本日、正式版としてリリースされました。

『Google Playストア』上では、『Opera Mobile』に代わって『Operaブラウザ(v14)』が提供されています。アップデートで、UIデザインが従来の『Opera Mobile』や『Opera Mini』から大きく変わりました。

上部バーは『Chrome for Android』のような感じとなっており、アドレスバー右のアイコンではタブ一覧が、その右のOperaアイコンではブラウザメニューが表示できるようになっています。

トップ画面では、お気に入りページをカスタマイズできるスピードダイヤル、履歴、新機能となるディスカバー機能の画面を左右へのスワイプ操作で切り替えることができます。

ディスカバー機能はウェブ上のコンテンツからユーザのニーズに合いそうなものをジャンル別に抽出し、お勧めとして提示してくれる機能で、ブラウザメニューのコンパスアイコンをタップすることでも利用できます。

従来バージョンに搭載されている「データ圧縮モード(Opera Turbo)」も利用できます。データ圧縮モードはリクエストしたページの圧縮データをOperaサーバから受信する機能で、通信量が減るため低速なネットワークでも高速にページを表示できるほか、通信料の節約にも役立ちます。
Operaブラウザ」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
ジャパンディスプレイ、5インチフルHDのインセル型液晶パネル”Pixel Eyes”の量産を発表
CDMA2000/LTE対応版”X Phone”とみられる「XT1060」の存在が判明
KDDI、auスマートフォン向けにポータブルフルセグチューナーとBeatsのイヤホンマイク「urBeats」を直販

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。