ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CDMA2000/LTE対応版”X Phone”とみられる「XT1060」の存在が判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleとMotorolaが共同開発していると噂の”X Pone”に、CDMA2000方式に対応した派生モデルも存在する可能性を示す情報が出てきました。この情報は、Motorola提供のPCツール「RSD Tool」のiniファイルより発見されたことで、RSD Toolのサポート端末リストの「MSM8960UMTS」欄にAT&T版”X Phone”と予想される「XT1058」と、その派生モデルとみられる型番「XT1060」が「MSM8960CDMA」欄に記載されています。

////////////////////////////This is for RSD app to create correct phone model class[MODEL]WIFI = f100,mz604,xoom,mz615,mz615-16,mz615-32,mz615-64,mz607,mz607-16,mz607-32,mz602STEUMTS = mb865,me865MSM6X55UMTS = mb632,xt605,xt626,xt621MSM6X55CDMA = xt603MSM8960CDMA = xt926,xt897,xt907,xt901,xt1060MSM8960UMTS = mb886,xt923,xt925,xt905,201m,xt1058IMC6260UMTS = xt890////////////////////////////

「MSM8960CDMA」欄には、Droid RAZR HD、Droid RAZR M、Photon Q、Electrify MなどのCDMA2000/LTE対応機種も含まれており、それらと同じ内容の通信方式を採用した未発表機種と考えられます。VerizonやSprintなどの米国キャリア向けモデルの可能性が高そうです。Source : Droid Life



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、MEDIAS BR IS11Nのソフトウェアアップデートを開始、着信音が鳴らない問題や動画の映像と音声がずれる事象に対処
Motorolaの「XT1056」がFCCの認証を取得、Sprint向け”X Phone”?
NTTドコモ、音声エージェントアプリ「しゃべってコンシェル」をアップデート、マチキャラの全画面表示・ドラッグ操作での移動、インフォメーションの拡大などに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP