ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

UV対策は日傘は黒が効果的 メイクの上からでも日焼け止め可

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 GWが明けるや気温が急上昇。夏を感じさせる日が増え始めた。実は5月こそ、紫外線、特に肌の深層部にダメージを与えるUV-Aがもっとも多く降り注ぐ時期。年齢とともに大きなダメージとなるからこそ、知っておくべき紫外線対策とは?

 まず、UV対策には日傘が定番だが、効果的な色は何色なのだろうか。

 黒など濃い色の日傘(綿)のほうが、紫外線(UV)の遮蔽率が高いという実験結果がある。でもその差はわずかで約5%。美容ジャーナリスト・小田ユイコさんによれば、「布地のUV加工技術も進化しているので、むしろ大事なのは差し方」。

 紫外線は空気中の粒子や分子に当たって散乱したり、反射しやすいため、傘を高い位置で差していると防げない。皮膚科医の友利新さんは、「できるだけ肌に近い位置で日傘を差して。また、照り返しを防ぐため日焼け止めは必須です」とアドバイス。

 日焼け止めを塗らずに出かけてしまい、日焼けしてしまった場合の対象法については、冷やすことが大事だという。日焼けは、火傷と同じく肌細胞が傷ついた状態。

「いかに早く、物理的に冷やすかがもっとも重要です」と友利さん。冷やした化粧水をコットンにたっぷりとり、肌がひんやりするまで優しくパッティングをするのが◎。

 小田さんは、「肌が赤くなるほど焼けてしまったら、冷やしたタオルや保冷剤を当て、まず症状を沈静化させて」。ただ、予防として抗酸化作用の高いビタミンCやカロテンを摂取することは有効。

 最後に、「日焼け止めは2~3時間ごとに塗り直せ」というけれど、メイクの上からでも効果は問題ないのだろうか?

「効果の面でいうと、メイクの上から塗り直して問題ありません」(友利さん)

 ただし、メイクの上から塗り直すとよれたりして見栄えはよくない。「乳液などで軽くファンデーションをオフしてから日焼け止めを塗り、メイクを直すのがおすすめです」(友利さん)。

※女性セブン2013年5月30日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
紐などでバストを固くしばると顔汗が減り、下半身汗が増加
秋冬は紫外線に対して油断する人多い 暑くなくても対策は必要
日焼けした時の対処法に果物や野菜を皮ごと食べることも有効

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP