ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インド人シェフのアドバイスを無視して作った「インド人完全無視カレー」が再販

DATE:
  • ガジェット通信を≫


【関連:ミリヲタ的グルメ―第28食 タイ軍レーション】
 

株式会社バーグハンバーグバーグが、渋谷区でカレー店を営む株式会社カリガリと共同開発した「インド人完全無視カレー」のレトルトパック版を5月21日(火)から販売開始した。

この商品は、2011年に冷凍カレーとして発売し好評?を博した「インド人完全無視カレー」のレトルトパック版。
開発には、伝説のインド人シェフを“名乗る”イムラン・ドルティカーヤ料理長が協力?そして、彼のアドバイスは「徹底的に無視」というコンセプトのもと開発されている。

なお、株式会社バーグハンバーグバーグによると

「美味しさは以前の約0.8倍(当社比)。
風味を犠牲にしてレトルトパックとなったことで、より安価でみなさまのお手元にお届けすることが可能となり、さらに利益率も大幅にアップいたしました。」

と腹黒さを隠しきれない様子。これでヒットすれば「シャチョサーンうはうは」という構図が用意されている。

なお、前回の冷凍カレーは糞ダサいダンボールにルーのパックを直接ぶち込んでいたとのことだが、今回はデザイナーを雇い、パック1つ1つに少しマシになった箱が用意されている。

価格は578円(税込)で言うほど安くはなっていない。しかも!送料は735円(税込)!!!ええええええ。そして安定の沖縄県は1,260円(税込)。
販売は通販サイト「カラメル!」(http://calamel.jp/curry2)から。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP