ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Android版「Google+」がv4.0にアップデート、写真/位置情報/ストリームの機能強化を実施

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleが今朝、Gogole+のAndroidアプリをv4.0にアップデートしました。Googleは今回のアップデート内容について、Gogole+における写真、位置情報、ストリーム機能を刷新したと同社の公式ブログで述べています。写真機能のアップデート。ナビゲーションバーの「写真」において、写真の表示方法を「ハイライト」「写真」「アルバム」「あなたの写真」で切り替えらえるようになり、各アルバムの最初の写真サムネイルが拡大表示になるなどビジュアルが少しかわりました。デフォルトは各アルバムの注目写真を表示する「ハイライト」で表示されますが、アクションバーのリストから、全写真を時系列に表示する「写真」、アルバム別に表示する「アルバム」、自分のタグの付いた写真を表示する「あなたの写真」切り替えることができます。また、アプリに画像の編集機能が追加され、投稿前に修正をかけることができるようになりました。写真を表示中に鉛筆アイコンをタップするとSnapseedのような編集画面が表示されます。前回バージョンまでは「インスタントアップロード」だった自動アップロード機能が「自動バックアップ」に変わり、画像のアップロードサイズをフルサイズまたは標準サイズで切り替えたり、自動補正、アニメーション画像を作成して投稿できるようにもなりました。v4.0ではアプリの設定メニューが新しくなっているので確認してみてください。自動バックアップ機能は、「カメラと写真」で設定変更できます。位置情報機能のアップデート。ナビゲーションバーに「場所」が追加。他のGoogle+ユーザーがあなたと位置情報を共有している場合、付近にいる友人を地図で確認できるようになりました。位置情報はサークル探知、ユーザー単位で共有できます。ストリームのアップデート。ストリーム中にハッシュタグ付きの投稿があると、画面右上にタグのボタンが表示されるようになり、タップすることで、そのタグを付加した投稿を見られるようになりました。Google+」(Google Playストア)Sourec : Google



(juggly.cn)記事関連リンク
英HadntecがGalaxy Mega 6.3の予約受付を開始、7月上旬に入荷予定、価格は£379.99+VAT
端末を振ると通知パネルが開閉するAndroidアプリ「Status Bar Shake Opener」が意外と便利!
Nexus仕様のGalaxy S 4、発売時点では米国のみで販売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP