ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ネットで検索!? 彼の「過去」と上手に向き合うための2つのルール

DATE:
  • ガジェット通信を≫


恋愛の悩みで多いもののひとつに、「彼の過去が気になる」というものがあります。
ここ数年、フェイスブックなどSNSを利用している人が増え、履歴をたどると過去の行動や交友関係を簡単に知ることができるようになったというのも、ひとつの原因になっているようです。
「自分にアプローチしてきた男性の交友関係のリストに女友達の名前があり、聞いてみたらその女友達にも以前アプローチしていたとわかり、気持ちがとたんに冷めた」という話も聞いたことがあります。
自分の過去の履歴を削除したとしても、交際相手の履歴や一緒によく行動していた仲間の履歴までは手を出すことができません。かといって、恋愛真っ最中に、次の恋愛のことを考えて、写真を掲載しないでおこうというのもちょっと違うかなと思います。
そこで今日は、彼の過去と上手に向き合うための2つのルールをご紹介します。

1.ネット検索はしないと決める

芸能人でなくても、個人情報が勝手に掲載され、ちょっと一緒に写真を撮っただけでも、親しそうに記事に書く人もいるものです。交際中、彼の気持ちに不安を感じることもあったとしても、ネット検索をして知る彼ではなく、今一緒にいる彼を「見る目」を磨きましょう

2.過去の恋愛を比較対象にしない

ネットに限らず、彼の過去の恋愛に関する情報が、耳に入ってしまうこともあるものです。「前の彼女には、〇〇をプレゼントしていたのに、私はそんなものもらったことがない」「前の彼女はいつも車で送っていたのに、私はいつもではない」など、彼の過去の恋愛と比べて、今の自分の状況を考えることはやめておきましょう
人は環境、経済状態、年齢、交際相手によっても、恋愛のスタイルが変わるのが当たり前です。何かとの比較ではなく、今のふたりの恋愛に集中して、楽んでみてください。
photo by Thinkstock/Getty Images
(作家・心理カウンセラー/晴香葉子)



(グリッティ)記事関連リンク
重要なのは今よりこれから! ケンカで「ラブラブ」になる方法
ただの笑顔じゃひびかない…何かに「喜んでいる顔」が一番モテる?
結婚してくれない彼の本音は…? 危険度の高い言い訳3パターン

グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP