ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カヤディルト語は時制により名詞が変化 言語学界の定説破壊

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『危機言語 言語の消滅でわれわれは何を失うのか』/ニコラス・エヴァンズ著 大西正幸、長田俊樹、森若葉訳/京都大学学術出版会/5460円

【評者】井上章一(国際日本文化研究センター教授)

 現在、世界中で数多くの言語が、姿をけしだしている。四半世紀ほど前まで、話し手が何人かのこっていることは、たしかめられていた。だが、今はもう誰もそれをしゃべれなくなっている。そんな言語は、すくなくない。著者は、そういう絶滅危惧言語の研究にいどむ言語学者である。

 こう書けば、たいていの人は「のんびりしたお仕事ですね」と思われよう。だが、そういった言語が役にたつことも、なかったわけではない。たとえば、さきの太平洋戦争で、米軍はナバホインディアンの言葉に、活躍の機会をあたえている。ナバホ語による無線通信を、とうとう大日本帝国軍は解読することができなかった。その点でも、米軍は優位にたつことができたのである。

 ずいぶん無粋な話を、紹介してしまった。うしなわれつつある言語の研究には、もちろんさらに大きな展望もある。

 ここしばらく、北米を中心とする世界の言語学界では、普遍文法論が幅をきかせてきた。人類のつくりだした言語には、共通の規則がある。言葉をつむぎだす脳のつくりに、民族的なへだたりはない。だから、どんな民族の言語も、同じようにくみたてられている。その普遍性をおいかけようとする一派、チョムスキーの亜流が、大勢をしめてきた。

 名詞で時制、過去現在未来をしめす言語はない。チョムスキー派のなかには、そんな理論をうちたてた言語学者もいる。しかし、著者によれば、カヤディルト語の名詞は時制により形をかえる。「彼はウミガメを見た」と、「彼はウミガメを見るだろう」の「ウミガメ」は、ちがう言葉になっている。うしなわれつつある先住オーストラリア人の言語は、普遍文法のなりたたないことを、おしえてくれるのだ。

 演繹的な大理論は、しばしば世界の多様性を見そこなう。あたうかぎりその多様性とともにあろうとする著者へ、喝采をおくりたい。言語研究にかぎらず人文学の魅力はそこにあると、私も思う。

※週刊ポスト2013年5月31日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
韓国語は日本語に類似した言語だから習得しやすいと脳科学者
LINE使って国際ナンパする30代男性「通訳機能使えば簡単」
かしこい犬なら人間の言葉を理解する能力があるのかを解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP