ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、「HTC J One HTL22」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDIは5月20日、2013年夏商戦向けのauスマートフォン新機種として、HTC製Androidスマートフォン「HTC J One HTL22」を発表しました。発売時期は6月上旬以降です。HTC J One HTL22は、HTCが今年のフラッグシップモデルとして今年4月より世界各国で販売中の「HTC One」のKDDI版となる機種。4.7インチ1,920×1,080ピクセルのSuper LCD3、Snapdragon 600 APQ8064T 1.7GHzクアッドコアプロセッサ、2GB RAM、従来のスマートフォンよりも約3倍明るく撮影できる「UltraPixelカメラ、フロントステレオスピーカーなどを搭載したハイスペックなものとなっています。KDDI版には、ワンセグ、おサイフケータイ(FeliCa)、赤外船通信機能がグローバルモデルにはない機能として実装されています。機能追加によるものなのか、グローバルモデルよりも本体の厚みが9.3mm→10.5mmに、質量が143g→157gに増えています。OSはAndroid 4.1(Jelly Bean)を搭載。HTC独自のUX環境「Sense」は「Sense 5」にバージョンアップされたほか、HTC端末の特徴でもある高性能カメラと高音質オーディオはさらに凄みを増しています。「Sense 5」では、HTC BlinkFeed、HTC BoomSound、HTC Zoeなどの新機能が追加されています。HTC BlinkFeedはニュースやSNS、本体内蔵コンテンツをストリーム表示する統合フィードリーダーで、HTC J Oneのホーム画面として設定されています。HTC J OneのBlinkFeedはauスマートパスの情報も表示するなどグローバル版のものとは少し仕様が異なるようです。リアカメラは”UltraPixelカメラ”と呼ばれており、有効画素数は400万画素ほどですが、各画素の面積が従来モデルのものより広い裏面照射型CMOSイメージセンサーを採用し、カメラレンズをF2.0の明るいものにアップグレードしたことで、既存モデルよりも約3倍明るく撮影できるとされています。また、画像処理チップは「HTC ImageChip 2」にアップグレードしており、動画のHDR撮影などに対応しました。前面には210万画素CMOSカメラ(88度ワイドアングルレンズ)を搭載しています。Sense 5の新機能の一つ「HTC Zoe」はカメラに関連した機能で、20枚の静止画と3秒間の動画(Zoe動画)をミックスして30秒間のハイライト動画を作成できます。ハイライト動画はギャラリーアプリ内で視聴できるほか、専用サイト「HTC Zoe Share」を通じて友人と共有できます。「HTC BoomSound」はオーディオ機能のことで、HTC Oneの前面に搭載されている2つのスピーカーが音をステレオで出力するというもの。もちろん、Beats Audioにも対応しており、機能をONにすると出力される音が自動で補正されます。カラバリはホワイトメタルとブラックメタルの2色。HTCの新フラッグシップ「HTC One」開封の儀 OS:Android 4.1(Jelly Bean) サイズ:138mm×69mm×10.5mm、質量157g ディスプレイ:4.7インチ、解像度1,920×1,080ピクセル(Full HD)、Super LCD3、1,677万色 プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 600 APQ8064T 1.7GHz(クアッドコア) GPU:Adreno 320 メモリ:RAM 2GB、内蔵ストレージ 32GB 外部メモリ:microSD/microSDHC/Micro SDHX(最大64GB)※カードスロットは非搭載。専用アダプタが必要 リアカメラ:約400万画素”UltraPixels”カメラ、HTC ImageChip 2搭載、裏面照射型CMOS (1/3型、2.0μm単位画素)、レンズ(28mm F2.0)、光学手ブレ、HDRムービー、Smart Flash(5段階)、VideoPic、連写、スローモーションムービー フロントカメラ:210万画素CMOS、広角レンズ、フルHD動画撮影対応、HDR撮影対応 対応周波数:GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA 850MHz(Badn 5)/1900MHz(Band 2)/2100MHz(Band 1)、CDMA2000 800MHz(BC0)/2100MHz(BC6)、LTE 800MHz(Band 18)/1500MHz(Band 11)/2100MHz(Band 1) 通信速度:3G(下り最大9.2Mbps/上り最大5.5Mbps)、LTE(下り最大100Mbps/上り最大25Mbps) 通信機能:Wi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.0(apt-x対応)、DLNA、MHL(HDMI出力機能)、Wireless HDMI(Media Link HD) 外部端子類:3.5mmオーディオジャック、マイクロUSB(MHL対応) センサー類:加速度、ライト、近接、デジタルコンパス、ジャイロ、GPS/A-GPS対応 バッテリー:2,300mAh 待受時間:450時間(3G)、370時間(LTE) 通話時間:820分 カラー:ホワイトメタル、ブラックメタル Eメール(~@ezweb.ne.jp):○ Cメール(SMS):○ auスマートパス:○ Felica:○ NFC:○(TypeA/B) ワンセグ:○ 赤外線通信:○ 防水:× 防塵:× テザリング:○(Wi-Fiは最大8台) WIN HIGH SPEED:○ WiMAX:× 4G LTE:○ 緊急速報メール:○ グローバルパスポート:○(CDMA2000/GSM/UMTS)Source : KDDI



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Android版「Google+」がv4.0にアップデート、写真/位置情報/ストリームの機能強化を実施
KDDI、「AQUOS PHONE SERIE ISW16SH」のソフトウェアアップデートを開始、起動しない事象に対処
HTC、デュアルSIM対応機種「Desire 600」を開発中?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP