ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Tablet Z用CyanogenMod 10.1がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android端末向けカスタムROM「CyanogenMod」の配信サーバーで、Xperia Tablet Z用CyanogenMod 10.1 NIghtlyとRC2ビルドが公開されました。今回リリースされたのはJelly Beanの最新版となるAndroid 4.2.2ベースのROM。AOSP版がベースなので、UIの外観はほぼ素の状態に近く、それに、CyanogenMod独自のカスタマイズが施された内容となっています。SonyブランドのタブレットでCyanogenModがリリースされるのは今回が初です。AOSP化プロジェクトのおかげドライバ類が揃ったのでしょう。CyanogenMod 10/1の導入方法は、ダウンロードしたZIPファイルの中に含まれるboot.imgをFastbootコマンドでXperia Tablet Zに書き込み、同時に導入されるClockworkModリカバリのZIP焼きメニューからROM本体をインストールします。ROMにGAppsは含まれていないので、こちらから最新版をダウンロードし、ClokcworkModのメニューからROMの後にインストールします。Source : Gogole+(CyanogenMod)、ROMのダウンロード先



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、4.9インチIGZOパネルと3.080mAhバッテリーを搭載した「AQUOS PHONE SERIE SHL22」を発表
KDDI、「HTC J One HTL22」を発表
KDDI、5インチフルHDの防水・防塵対応スマートフォン「Xperia UL SOL22」を発表、5月25日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP