ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SamsungはAtom Z2560プロセッサを搭載したAndroidタブレット「GT-P5200/GT-P5210」を開発中?米AT&T版Galaxy S 4 Activeは既存のLTE版ベース?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GFX Benchmarkアプリの公式サイトにSamsung未発表タブレット「GT-P5200/GT-P5210」と未発表スマートフォン「SGH-I537」のテスト結果が登録されていました。未発表タブレット「GT-P5200/GT-P5210」は、「GT-P51XX」が10.1インチのGalaxy Tab 2だったことから、10.1インチタブレットの新機種とみられます。Galaxy Tab 3の10.1インチモデルでしょうか。注目すべきは搭載プロセッサがIntel x86ベースの可能性が高いということ。公開されている内部情報によると、「android.os.Build.BOARD」は”clovertaril”で、CPUは800~1,600MHzの範囲でスケールし、GPUはPowerVR SGX544MPとなっています。Atom Z2560(Clover Trail+)が前述の情報と一致しており、今回見つかった「GT-P5200/GT-P5210」にはAtom Z2560が搭載されちる可能性があります。次は「SGH-537」。これはGFX Benchmarkの公式サイトで公開されているシステム情報からGalaxy S 4の防水・防塵対応版「Galaxy S 4 Active」の可能性があります。samsung/jactivelteuc/jactivelteatt:4.2.2/JDQ39/I537UCUAME4:eng/test-keysFingerprint情報から今回の「SGH-I537」のコードネームは”jactivelteatt”であることが判ります。AT&T向けですね。Galaxy S 4(GT-I9500)が”Ja3gXX”で、Galaxy S 4(GT-I9505)が”jflteXX”と、”j”で始まるコードネームを持つとろこが共通しており、”Active”の文字を含んでいます。Galaxy S 4のActive版ということでしょう。システム情報からは、OSはAndroid 4.2.2、CPUクロックは384~1890MHz、GPUはAdreno 320、解像度は1,920×1,080ピクセル。プロセッサは既存のグローバル向けLTE版(GT-I9505)と同じくAPQ064Tでしょう。Source : GFX Benchmark(GT-P5200)(GT-P5210)(SGH-I537



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、5インチフルHDの防水・防塵対応スマートフォン「Xperia UL SOL22」を発表、5月25日に発売
Samsung、「Galaxy S 4 Mega」「Galaxy S 4 Active」「Galaxy S 4 Mini」の存在を明かす
NTTドコモ、「Ascend D2 HW-03E」のソフトウェアアップデートを開始、暗号化機能の動作を改善

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP