ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トレンドマイクロ、Android向けバックアップ/リストアアプリ「セーフバックアップ」の製品版をリリース、ウィルスバスターモバイルとバッテリーエイドには新機能を追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

トレンドマイクロが5月15日にAndroidアプリ「セーフバックアップ」の製品版を発売し、5月16日に「ウィルスバスターモバイル」と「バッテリーエイド」の機能追加アップデートを実施しました。セーフバックアップは、Androidのデータ(連絡先、カレンダー、発着信履歴、SMS履歴、写真、音楽、ビデオ)をクラウ上のドストレージにバックアップしたり、クラウド上のバックアップファイルからデータを復元したりできるアプリ。2012年11月1日よりベータ版として提供されていましたが、5月15日に製品版としてリリースされました。アプリの販売価格は月額170円(Google Playストア版)/1年版1,890円/2年版3,570円。1年/2年の年額版はトレンドマイクロ・オンラインショップで販売中です。アプリは有料ですが、初回インストール後1か月間は1GBのクラウドストレージ付きで、無料で利用できます。ストレージ容量は製品版にアップグレードすると6GBにまで増加します。ウィルスバスターモバイルのアップデートでは、セーフバックアップとの連携機能が追加され、直近のバックアップ日時やバックアップデータを確認できるようになりました。省電力化アプリ「バッテリーエイド」のアップデートでは、新機能「おまかせeco設定」が追加され、設定した間隔で自動的にWi-Fi/3G/4G/Bluetoothなどの機能をオン/オフすることができるようになりました。「セーフバックアップ」「ウィルスバスターモバイル」「バッテリーエイド」(Gogole Playストア)Source : トレンドマイクロ



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「Ascend D2 HW-03E」のソフトウェアアップデートを開始、暗号化機能の動作を改善
Phone Button : 端末がスリープ状態でもボリュームボタンを押すだけで写真を撮影できるカメラアプリ
Acer、低価格7インチタブレット「ICONIA B1」の第2世代モデルを発表、スペックを強化し、3G版もラインアップ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。