ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobile、Xperia Tablet Z(SGP321)向けにAOSPベースのROMを開発するプロジェクトを開始(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileは5月17日、Xperia Tablet Z(SGP321)向けにAOSP(Android Open Source Project)ベースのROMを開発するプロジェクトをスタートさせたと同社の開発者向けブログを通じて発表しました。このプロジェクトはXpeira Tablet ZにNexus端末と同じ内容のROMをSony Mobile主導で開発するという取り組みで、2012年11月に始まったXperia Sや先月末に始まったXperia ZのAOSP化プロジェクトのXperia Tablet Z版になります。プロジェクトでは、Sony Mobileが同社のGitHubを通じてAOSPベースのAndroid 4.2.2のソースコードやROMのビルド方法を公開しています。Sony Mobile Developer Worldでは、特定のハードウェア用のドライバといったバイナリフィルが提供されています。Source : Sony Mobile



(juggly.cn)記事関連リンク
リアルで本格的なボウリングゲーム「PBA Bowling Challenge」、Google Playゲームサービス対応で、Google+の友人と対戦できる
HTC Oneの「戻る」「ホーム」ボタンを通知ランプとして利用する方法
Gogole Playのマルウェアスキャン機能がAndroid 4.1.x以前の機種でも利用可能に、「Gogole Playサービス」アプリに機能追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP